「超熟」の食パンが美味しい理由、原材料、カロリーなど

Sponsored Link

「超熟」の食パンに人気が集まっているようです。

「超熟」の食パンが美味しい理由はどこにあるのでしょうか。

「超熟」の食パンの原材料や、「超熟」の食パンのカロリー・糖質量などが気になりませんか。

食パンは、大きな長方形の型で焼いたパンになります。

食パンは大きな長方形のパンなので、食べる時には薄く切ってから食べます。

薄く切ったパンをトーストやサンドイッチなどにして食べます。

食パンは形によって、「山型食パン(ラウンドトップ)」・「角型食パン(プルマンブレッド)」・「ワンローフ」などに分類されているようです。

食パンが作られ始めたのは、18世紀頃のイギリスだと考えられています。

イギリスで、「ティンブレッド」と呼ばれる山型食パンの製造が18世紀頃にはじまりました。

ブリキの箱で焼くパン(ティンブレッド)は、イギリスの植民地だけでなく世界に拡散しました。

製パン工場で大量生産される廉価なローフブレッドは、多くの家庭に普及しましたがホームベイク文化の消失が進んでいます。

「食パン」は日本での造語になります。

日本の食パンの起源は、英国の山形白パンやフランスのパン・ド・ミなどになります。

日本人の味覚や食感に合わせて、材料比率・形・焼き加減などを変えているので、英仏の原型とは違う日本独特の食パンになっています。

 

次に、超熟の食パン・超熟の秘密と原材料・超熟のカロリーや糖質量などの紹介をします。

 

超熟の食パン

 

IMG_2029-1024x768

 

超熟の食パンの美味しさは余計なものが入っていないことです。

超熟の食パンはイーストフードや乳化剤を使わないで仕上げてあります。

シンプルな素材を用いて、小麦本来の味を引き出す超熟製法で作られています。

炊きたてのごはんのように、毎日食べても飽きない美味しさを目指したパンです。

毎日食べても飽きない美味しさのために、国産小麦の「ゆめちから」を使ってあります。

従来の食パンに比べて、

・耳の柔らかさは7%アップ

・生地の柔らかさは13%アップ

・生地のくちどけは30%アップになっています。

次に、超熟の秘密と原材料・超熟のカロリーと糖質量などの紹介をします。

 

超熟の秘密と原材料

 

image085

 

超熟の食パンの秘密は、生地を長時間熟成させて作られていることです。

超熟の原材料は、小麦粉・砂糖・バター入りマーガリン・パン酵母・食塩・米粉・醸造酢になります。

超熟に使われている「ゆめちから」をつかうと、もっちりした美味しいパンができるようです。

次に、超熟の食パンのカロリーと糖質量の紹介をします。

 

超熟の食パンのカロリーと糖質量

 

超熟の主原材料は国産小麦の「ゆめちから」です。

もっちり食パンを作るパン用小麦粉です。

超熟には余計なイーストフードや乳化剤を使わないで作られています。

美味しい超熟の食パンのカロリーや糖質量も気になりますね。

6枚スライスした超熟の食パンのカロリーは、1枚当たり164Kcal・糖質量(炭水化物)は30.3gになります。

一般的な食パンと比べて、カロリーや糖質量には大きな違いはありません。


PAGE TOP