卵酒は風邪に効く?風邪薬を飲んでても効果はある?子供でも飲める?

Sponsored Link

卵酒は風邪に効くのか?

効くのであれば卵酒を風邪薬のかわりに利用できますね。

卵酒は「玉子酒」と漢字表記することもあります。

卵酒は冬の季語としても親しまれています。

卵酒は、お酒に鶏卵・砂糖を混ぜて温めたアルコール飲料になります。

外国にはエッグノッグという、鶏卵・牛乳・ブランデーやラム酒やウイスキーを混ぜ合わせた卵酒と類似する飲み物があります。

チキンスープやホットトディが、日本の卵酒のように風邪の治療法に使われているようです。

ホットトディとは、蒸留酒・紅茶などの温かい飲み物・糖類・シナモンやクローブ・柑橘類を混ぜ合わせたカクテルになります。

 

次に、卵酒のこと・卵酒は風邪に効くのか?・卵酒と風邪薬の併用は効果がある?・子供でも飲める卵酒の作り方などの紹介をします。

 

卵酒

 

DSC_0649-1024x576

 

卵酒の作り方には決まりはありません。

各地域・各家庭・各人ごとに異なる作り方があります。

江戸時代に卵酒の作り方が紹介された本があります。

江戸時代に発行された「料理物語」に卵酒の作り方が記されています。

江戸時代の卵酒の材料は、冷酒を織部盃三杯・玉子 を1個・塩が少しになります。

作り方は、割った玉子に冷酒を少しずつ入れてよく溶いて塩を少し入れて燗をします。

「料理物語」には玉子を使った料理酒も記されています。

練り酒には、玉子と白砂糖を使います。

次に、卵酒は風邪に効くのか?・卵酒と風邪薬の併用は効果がある?・子供でも飲める卵酒の作り方などの紹介をします。

 

卵酒は風邪に効くのか?

 

b931095ce238ceeb0eddbea6b7a43c15

 

卵酒は風邪に効くのか気になりますね。

卵酒が風邪に効くのであれば、卵酒と風邪薬を飲んで静かにしていればスグに風邪の症状が治まりそうです。

卵酒の材料は、日本酒・卵・砂糖の3つだけです。

3つの食材を混ぜ合わせて温めただけの飲み物が風邪に効くのか疑わしいと思っていませんか?

卵酒が風邪に効くのは「リゾチーム」がポイントのようです。

医療法人や漢方系のクリニックのウェブサイトでも卵酒の効用が紹介されていました。

・卵白に含まれる酵素のリゾチームが細菌を殺すことと、アルコールで体が温まって熟睡できる

・卵白に含まれている抗菌タンパク質のリゾチームには抗炎症効果や免疫増強効果が期待できます。

アルコールと卵を混ぜ合わせることで、アミノ酸が豊富な日本酒と抗菌タンパク質であるリゾチームを同時に摂取することが出来ます。

次に、子供でも飲める卵酒の作り方などの紹介をします。

 

子供でも飲める卵酒の作り方

 

卵酒は風邪に効くのかの疑問解決はリゾチームがポイントです。

卵白に含まれる抗菌タンパク質のリゾチームとアミノ酸が豊富な日本酒を組み合わせた卵酒は風邪症状の改善をサポートします。

風邪薬を飲んでいる時は4時間以上の間隔を空けて卵酒を飲んでください。

卵酒は日本酒を使うので、子供でも卵酒が飲めるのか心配になりますね。

子供用の卵酒を作る時には、シッカリアルコールを飛すことがポイントです。

日本酒を鍋に入れたら沸騰するまで火にかけてアルコールを飛ばしてください。

日本酒のアルコールを飛ばしてから卵や砂糖を混ぜて卵酒をつくります。


PAGE TOP