餃子の皮の保存方法、常温、冷蔵、冷凍で保存できる?

Sponsored Link

餃子の皮の保存方法を知っていれば美味しくつくった料理を楽しめます。

餃子の皮は美味しい餃子だけでなくいろいろな料理にアレンジできます。

餃子の皮でウインナーを包んで油で揚げれば子供が喜ぶ料理になります。

魚肉ソーセージを余った餃子の皮で包んで油で揚げればお弁当のおかずに最適です。

お弁当に入れてケチャップを添えれば最高のおかずになります。

餃子の皮はお酒のおつまみ作りに利用できます。

餃子の皮で包むのは、明太子・スライスチーズ・ベーコン・ピーマンなどがあります。

つぶ餡・こし餡などのアンコを餃子の皮で包んで油で揚げてみませんか。

大人も子供も喜ぶスイーツが完成です。

モチモチの餃子の皮をつくりませんか。

モチモチの手作り餃子の皮の味を知ったら市販の皮には戻れなくなります。

モチモチ餃子の皮の材料は強力粉50gに対して薄力粉60gです。

塩を2つまみ・片栗粉ひとつまみと熱湯が材料になります。

モチモチの手作り餃子の皮の作り方のステップ1は、小麦粉に熱湯と塩を箸でかき混ぜます。

ステップ2は手で触れる温度になったら5分間ほどこねます。

ステップ3は、12~16等分にして球状にします。

片栗粉小さじ1/2程をまぶしてからラップに包んでから常温で30分ほど寝かせます。

ステップ4は手のひらで円盤状につぶして円状に整えます。

モチモチ手作り餃子の皮が完成したら、いろいろな料理・スイーツに利用してください。

 

次に、餃子の皮の保存方法を紹介します。

 

餃子の皮の常温保存

 

yjimage8pdnad28

 

餃子の皮の保存方法には常温の保存方法があります。

餃子の皮を常温保存するのはおススメできません。

市販の餃子の皮の多くは冷蔵保存になっています。

市販の餃子の皮を購入したら冷蔵保存するかその日に消費することをおススメします。

手作り餃子の皮はその日に消費しましょう。

余った手作り餃子の皮は冷蔵庫に保存してください。

 

餃子の皮の冷蔵保存

 

yjimaged2mj1yk6

 

餃子の皮の保存方法では冷蔵保存をおススメします。

開封する前の市販の餃子の皮は冷蔵庫で保存してください。

開封後は、ジッパーのある袋に入れて袋の空気をシッカリ抜いて冷蔵保存してください。

ラップなどで包んで冷蔵保存すると乾燥してパリパリになったりベタベタになったりします。

手作りの餃子の皮は市販の餃子の皮と比べてベタベタになりやすくなります。

手作りの餃子の皮は2~3日程度で消費してください。

市販の未開封の餃子の皮は表記に従います。

通常の消費期限は約2週間程度です。

市販の餃子の皮を開封したら3日程度で消費してください。

 

餃子の皮の冷凍保存

 

餃子の皮の保存方法には冷凍保存もあります。

開封前の市販の餃子の皮は冷凍保存できます。

冷凍するときには小分けにして保存してください。

市販の餃子の皮を開封後に冷凍保存するときには、餃子の皮の間にラップやクッキングシートを挟んでからフリーザーバッグに入れて空気を抜いてから冷凍保存してください。

開封後にそのまま冷凍すると乾燥してパリパリになったり、解凍時に皮がくっつきます。

金属製のトレイに乗せると急速冷凍保存に近い状態になり、解凍時のベタベタ&劣化を予防できます。

 

 


PAGE TOP