黒ごま、白ごま、金ごまの違い、料理での使い方とそれぞれの味の特徴

Sponsored Link

「黒ごま」・「白ごま」・「金ごま」の違いを知っていれば、料理で上手な使い方ができます。

「黒ごま」・「白ごま」・「金ごま」の味の特徴を活かした料理をつくりませんか。

「ごま」の漢字表記は「胡麻」です。

胡麻(ごま)は、ゴマ科ゴマ属の植物の種子になります。

アフリカ大陸に野生種のゴマ科植物が多く自生しています。

ゴマ科植物の種子は食材や食用油などの油製品の材料とされています。

胡麻(ごま)は、古代から現在まで世界中で利用されています。

胡麻(ごま)は種子の外皮の色によって分類されています。

黒ごま・白ごま・金ごま(黄ごま・茶ごま)などです。

欧米では白ごましか流通していないようです。

金ごまは主にトルコでの栽培になります。

胡麻(ごま)は、農薬や肥料なしでもそれなりの収穫が可能です。

胡麻は自然まかせで栽培できる作物です。

日本の品種農研機構作物研究所で育成された「ごまぞう」(種苗登録2006年)は、胡麻(ごま)で初めての登録品種だとされています。

「ごまぞう」の特徴は、種子中のリグナンであるセサミン・セサモリン含有量が既存在来種と比較して高いことです。

 

次に、「黒ごま」・「白ごま」・「金ごま」の違いを紹介します。

 

黒ごま

 

f3e4934a9ad57e03e80a90e4f87644c7_t

 

黒ごま・白ごま・金ごまの違いを分かるために「黒ごま」の概要を紹介します。

黒ごまは白ごまに比べて大粒です。

大粒ですが油の含有量は低くなっています。

黒ごまの外皮の部分に抗酸化作用のある成分が含まれています。

抗酸化作用のある成分はアントシアニンです。

アントシアニンには免疫力などを高めるなどの働きが期待されています。

一般的には、黒ごまはそのまま食べられることが多いようです。

 

白ごま

 

155805cf226eea8

 

黒ごま・白ごま・金ごまの違いを分かるために「白ごま」の概要を紹介します。

白ごまの特徴は、黒ごまよりも小粒ですが油の含有量が多いことです。

白ごまにはコレステロール値を下げる不飽和脂肪酸のリノール酸がが多く含まれています。

白ごまは、黒ごまより油脂の含有量が多いので主にごま油の原料になっています。

 

金ごま

 

黒ごま・白ごま・金ごまの違いを分かるために「金ごま」の概要を紹介します。

金ごまは胡麻の外皮の色から「黄ごま」や「茶ごま」とも呼ばれることがあります。

金ごまは胡麻の中でも1番香りが良く、主に懐石料理などに使われます。

金ごまにはフラボノイド多く含んでいます。

フラボノイドはポリフェノールの一種です。

フラボノイドの働きには、抗酸化作用・デトックス作用・アンチエイジング・ストレス緩和・がん抑制・免疫を整える・血液サラサラなどがあります。

黒ごま・白ごまと同じく、金ごまにも抗酸化作用があります。

「ごま」を健康美容に役立てませんか。


PAGE TOP