ミネラルウォーターの軟水と硬水の違い。料理にはどっちが適している?

Sponsored Link

軟水と硬水の違いを知っていれば、健康と美容に役立てられます。

体に必要な水のこと知っていますか。 

毎日飲んでいる水のことを知っていれば、ダイエットにも役立てられます。

料理によって軟水と硬水を使い分けると、おいしい料理つくりができるとも言われています。

水の硬度は=カルシウム濃度(mg/L)×2.5+マグネシウム濃度(mg/L)×4.1で近似されるとされています。

WHOの定義では、硬度120以下を軟水と定義しています。

軟水と硬水のことを調べてみました。

 

次に、軟水と硬水の違い・軟水と硬水とダイエット・軟水と硬水で体にいいのはどっち?などの紹介をします。

 

軟水

 

92268a008bbf5b04fe56a6de9f00ce26_t

 

軟水と硬水の違いが分かるために「軟水」の概要を紹介します。

軟水は、カルシウムやマグネシウムなどの金属イオンの含有量が少ない水になります。

日本の水は外国に比べて、硬度が低いとされています。

日本の水道水は、硬度80未満の軟水が多いと言われています。

南西諸島・関東地方の一部・福岡県の一部を除く地域の水はおおむね軟水に属しているとされています。

一般的には、河川の流域面積が少ない方がミネラルの溶解が少ないので水の硬度が下がっています。

軟水の特徴を紹介します。

軟水は硬水に比べて泡立ちがよく、体を洗う時にぬめりを感じます。

一般的には、和食・コーヒー・喫茶などには軟水がよいとされています。

アメリカンコーヒーなどに軟水を用いれば、豆本来のよい香りとさっぱりした味を楽しむことができます。

酒造では軟水の方が甘口になり、また醤油の醸造には適しているとされています。

水中に含まれるイオンの量によって軟水・中軟水(中硬水)・硬水・超硬水と呼び分けられます。

軟水と硬水は、多くの場合はmg/Lで比較されています。

次に、硬水のこと・軟水と硬水とダイエット・軟水と硬水で体にいいのはどっち?などの紹介をします。

 

硬水

 

1

 

軟水と硬水の違いが分かるために「硬水」の概要を紹介します。

硬水は、カルシウムやマグネシウムなどの金属イオン含有量が多い水になります。

・軟水は硬度0~60mg/L

・中軟水は硬度61~120mg/L

・硬水は硬度121~180mg/L

・超硬水は硬度が181mg/L以上の水になります。

料理に使う水は一般的に軟水の方が適しています。

硬水は肉の煮込み料理に向いています。

硬水には、肉を軟らかくする効果があるため、肉料理や肉を使った洋風だしを作る上で軟水より適しているとされています。

硬水を使うとジャガイモの煮崩れが抑制されます。

また、豆や米では堅く炊きあがります。

コーヒーのエスプレッソに硬水を用いれば、苦みと渋みが除かれてコクとまろやかさが増すと言われています。

緑茶は軟水で煎れたものが旨いと考えられていましたが、近年の研究では硬水で煎れたほうの旨みが強いとされているようです。

和食には硬水は向かないとされています。

硬水は、昆布のグルタミン酸や鰹節のイノシン酸のようなうま味成分の抽出を阻害するとされています。

次に、軟水と硬水とダイエット・軟水と硬水で体にいいのはどっち?などの紹介をします。

 

軟水と硬水とダイエット

 

軟水と硬水の違いを知ると食生活が豊かになります。

美味しいコーヒーを味わうなら、軟水と硬水を使い分けるとよさそうです。

軟水と硬水をダイエットに活かすには、軟水と硬水 体にいいのはどっちでしょうか。

軟水には、

・まろやかで浸透性に優れている

・新陳代謝を促す

・老廃物の排泄をサポートするなどのメリットがあります。

硬水には、

・口当たりが重い

・マグネシウムなどで便を柔らかくして排泄をスムーズにする

・胃腸を刺激して便通を促す

・脂肪の吸収を抑制するなどのメリットがあります。

軟水と硬水は身体に合っているか、ストレスなく飲み続けられるかが大切です。

自分の体を活性化させる硬度の水を選んでください。


PAGE TOP