メンチカツのメンチの意味。メンチカツは英語で何ていう?

Sponsored Link

メンチカツ は日本人に人気の洋食の一つになります。

メンチカツの主材料は、豚肉や牛肉の挽肉・タマネギのみじん切り・食塩・コショウになります。

豚や牛の挽肉とみじん切りのタマネギ・塩コショウを混ぜて練り合わせてから油で揚げます。

成形した小判型または球型のものに「衣」つけて油で揚げます。

「衣」は、小麦粉・溶き卵・パン粉になります。

成形して衣を付けたメンチカツは、中華鍋に入れた多量の油で揚げるだけでなく、フライパンで焼き上げる調理方法もあります。

メンチカツはメンチと略して呼ばれることもあります。

大阪を中心とする地域にはミンチカツという呼び方もあります。

 

次に、メンチカツのこと・メンチカツの由来・メンチカツの英語表記・メンチカツの日・ご当地メンチカツなどの紹介をします。

 

メンチカツ

 

food_korokke_menchi

 

メンチカツの由来は明治時代だとされています。

明治時代に東京浅草の洋食店が販売した「ミンスミートカツレツ」を由来とする説です。

メンチカツは関東から関西に伝わった料理とされています。

メンチカツの名称は、東京の洋食店の「メンチボール」をヒントに命名されたとされています。

メンチカツと命名されたのは昭和初期の神戸です。

兵庫県神戸市湊川の「純神戸肉三ッ輪屋精肉店」の「水野三次」氏が命名したとする説が有力です。

メンチカツは、一般的にはウスターソースなどをかけて食べます。

メンチカツは、サンドイッチやハンバーガー具にすることもあります。

メンチカツの英語表記は「Minced Meat Cutlet(ミンチド ミート カットレット)」になります。

次に、メンチカツの日やご当地メンチカツなどの紹介をします。

 

メンチカツの日

 

6ee9da32d929fdffe207f0b16b7cd20b_t

 

メンチカツは日本人に人気の洋食です。

メンチカツの由来は、明治時代に販売された「ミンスミートカツレツ」だという説が有力です。

メンチカツの英語表記は「Minced Meat Cutlet」です。

メンチカツの日は3月7日になります。

「メンチカツの日」の由来は、関西では「ミンチカツ」と呼ぶことが多いからだそうです。

「ミンチカツ」の語呂合わせで3月7日になりました。

3(ミ)と7(シチ)の語呂合わせです。

縁起が良くてボリューム満点のメンチ「カツ」で、受験に“勝”という応援メッセージも込められているようです。

 

ご当地メンチカツ

 

メンチカツを食べてビジネスや受験の勝負に勝ってください。

3月7日のメンチカツの日には、美味しいメンチカツを食べませんか。

日本料理の揚げ物の記念日は「メンチカツの日」だけではありません。

「コロッケの日」・「串の日」・「トンカツの日」・「かき揚げの日」・「かきフライの日」などもあるようです。

・「コロッケの日」は5月6日

・「串の日」は9月4日

・「トンカツの日」は10月1日

・「かき揚げの日」は11月4日

・「かきフライの日」は11月21日のようです。

日本各地にご当地グルメのメンチカツがあります。

・千葉県館山市の「館山メンチ」

・神奈川県茅ケ崎市の「茅ヶ崎メンチ」

・東京都葛飾区亀有の「亀有メンチ」

・福島県三春町の「三春グルメンチ」

・静岡県長泉町の「長泉あしたかつ」などファンが多いメンチカツ料理があります。


PAGE TOP