北海道石狩市浜益区の幻の食材ルッツの食べ方

Sponsored Link

北海道の石狩市浜益区では「ルッツ」が食べられています。

「ルッツ」は数年に1度の、大しけの翌日に浜へ打ち上げられる幻の海の幸です。

一般的には、北海道でも「ルッツ」を食べる習慣はほとんどありません。

只、石狩市浜益(はまます)区では希少なご馳走として食べられています。

石狩市浜益区で希少なご馳走になっている「ルッツ」食べ方を知りたいですね。

「ルッツ」の正式名称は「ユムシ」です。

 

次に、石狩市浜益区で食べられている「ルッツ」のこと・石狩市浜益区での「ルッツ」の食べ方・ユムシとは?などの紹介をします。

 

石狩市浜益区とルッツ

 

ruttsu-big-810x542

 

北海道でも一般的に食べられてはいませんが、石狩市浜益区では「ルッツ」は希少な食べ物になっています。

秋から冬にかけて海がしけた後に獲れます。

浜益区の家庭では、刺身や炒め物などにして「ルッツ」が食べられています。

ほかの市町村では、あまり食べられることのない海の幸です。

「ルッツ」は正式名称を「ユムシ」といいます。

「ユムシ」はゴカイやミミズの仲間です。

「ルッツ」の名前の由来は、アイヌ語のミミズに似るという意味の「ルッチ」が変化したとされています。

「ユムシ」は、普段は浅い海の砂や泥の下に穴を掘って住んでいます。

海がしける時期に浜に打ち上げられます。

ミミズの仲間なので、進んで食べようという気にはなりませんね。

只、食べるチャンスがあれば試したい人も多いのではないでしょうか。

次に、石狩市浜益区で希少な食べ物とされている「ルッツ」の食べ方を紹介します。

 

ルッツの食べ方

 

Echiura_in_Korea1

 

北海道の石狩市浜益区で食べられている「ルッツ」は、ゴカイやミミズの仲間になります。

石狩市浜益区での「ルッツ」の食べ方は、刺身・酢味噌和え・煮物・干物などのようです。

珍味の一種で一般的な食材ではありませんが、食べる機会があったら味わってください。

磯の味がして、貝のような歯ごたえがるので酒の肴にピッタリだという人もいます。

「ルッツ」には、グリシンやアラニンなどのアミノ酸を多く含んでいます。

甘味があり、コリコリした食感があるのでミル貝に似た味がするという人もいます。

クロダイやマダイ釣りの釣り餌としても使われているようです。

次に、ユムシのことを紹介します。

 

ユムシ

 

北海道の石狩市浜益区では「ルッツ」が食べられています。

石狩市浜益区で食べられている「ルッツ」の食べ方は、刺身・酢味噌和え・煮物・干物になります。

「ルッツ」の正式名称は「ユムシ」で、ユムシ動物門ユムシ綱ユムシ目ユムシ科の海産無脊椎動物になります。

北海道では「ルッツ」と呼ばれていますが、和歌山では「イイ」・九州では「イイマラ」とも呼ばれています。

「ユムシ」の体部は細長い円筒形です。前端の吻の付け根に口があります。

付属肢も疣足もなく、わずかに剛毛があります。

「ユムシ」は、干潟などの浅い海域の砂地に縦穴を掘ってその中に棲息しています。


PAGE TOP