ホワイトアスパラガスの旬、栄養価、食べ方。アスパラガスとの違い

Sponsored Link

アスパラガスでは、グリーンアスパラガスとホワイトアスパラガスがあります。

真っ白いホワイトアスパラガスにはどのような栄養成分が含まれているのでしょうか。

ホワイトアスパラガスとグリーンアスパラガスの違いは色だけではありません。

ホワイトアスパラガス食べ方を知っていれば、家族にも喜ばれそうです。

アスパラガスの漢字表記は「竜髭菜」です。

アスパラガスは、被子植物の中の単子葉植物に属する多年生草本植物になります。

アスパラガスの原産地は地中海東部になります。

和名は、オランダキジカクシ(阿蘭陀)・オランダウド(阿蘭陀)・マツバウド(松葉独活)といいます。

オランダキジカクシの名前は、成長すると細かく切れた葉に見える枝にキジが隠れることができるほど生い茂ることに由来しているようです。

葉のように見えるものは、極端にほそく細かく分枝した茎になります。

アスパラガスの本来の葉は鱗片状に退化しています。

 

次に、ホワイトアスパラガスの栄養成分・ホワイトアスパラガスとグリーンアスパラガスの違い・ホワイトアスパラガス食べ方、などの紹介します。

 

ホワイトアスパラガスの栄養成分

 

d6543-49-777174-0

 

グリーンアスパラガスに比べてホワイトアスパラガスには栄養成分が少ないように感じます。

グリーンアスパラガスには、タンパク質・ビタミン類・ミネラル類などの栄養成分がタップリ含まれています。

疲労回復に効果が期待できる、アスパラギン酸・免疫力を高めるβ―カロテン・動脈硬化予防が期待できるルチンなども含まれています。

ホワイトアスパラガスは日光を浴びないで栽培されているので、グリーンアスパラガスよりも栄養成分が少なくなっています。

β―カロテンはほとんど含まれていません。

タンパク質やビタミン類はグリーンアスパラガスの1/2程度のようです。

グリーンアスパラガスよりも多い栄養成分もあります。

抗酸化作用が期待できるポリフェノールやミネラル類の鉄分を多く含んでいます。

次に、ホワイトアスパラガスとグリーンアスパラガスの違い・ホワイトアスパラガス食べ方の紹介をします。

 

ホワイトアスパラガスとグリーンアスパラガスの違い

 

15027_1

 

ホワイトアスパラガスの栄養成分は、

ホワイトアスパラガスとグリーンアスパラガスの違いは栽培の仕方によります。

アスパラガスは、本州中部では4月下旬頃~6月にかけて若芽が成長します。

アスパラガスの長さが25cm程度に伸びたら柔らかい茎を食べます。

ホワイトアスパラガスは白アスパラともいわれます。

ホワイトアスパラガスは、土寄せして軟白栽培したアスパラです。

グリーンアスパラガスは、土寄せしないで普通に育てたものです。

ホワイトアスパラガスの栽培方法には、日光を遮断するために土を被せてアスパラガスを覆ってしまう方法・廃トンネルを利用した栽培などがあります。

ホワイトアスパラガスもグリーンアスパラガスも家庭菜園でも容易に栽培できます。

次に、ホワイトアスパラガス食べ方を紹介します。

 

ホワイトアスパラガス食べ方

 

ホワイトアスパラガスの栄養成分では、抗酸化作用が期待できるポリフェノールやミネラル類の鉄分が期待できます。

ホワイトアスパラガスとグリーンアスパラガスには栽培方法の違いがあります。

ホワイトアスパラガス食べ方では、オリーブオイルを使うと本来の甘みを楽しめます。

ホワイトアスパラガスを塩茹でして、オリーブオイルと胡椒少々をかけて食べます。

ホワイトアスパラガスは欧州で愛されている野菜です。

ドイツではオランデ―ソースで食べられているようです。


PAGE TOP