ミミガーのカロリー、栄養価、食べる時のタレの作り方

Sponsored Link

ミミガーと聞いて分かる人はどの程度いるのでしょうか。

沖縄県に住んでいる人や、知り合いに沖縄に関係する人は知っている言葉ですね。

ミミガーは、「豚の耳皮」を使った沖縄料理のひとつになります。

豚の耳介を使った料理で、中華料理では「猪耳」と呼ばれているようです。

沖縄料理でミミガーを食べるときには「たれ」に工夫がしてあります。

沖縄料理では一般的なミミガーのカロリーやミミガーの栄養価も気になりますね。

沖縄料理店に行ってミミガーを食べてみませんか。

 

次に、ミミガーのこと・ミミガーのたれ・ミミガーのカロリー・ミミガーの栄養価などの紹介をします。

 

ミミガー

 

yun_19275

 

沖縄料理のミミガーは、豚の耳介を使います。

豚の耳介を、茹でたり蒸して下処理してから千切りにして食べます。

ミミガーは、酢の物での食べ方が人気あるようです。

ポン酢・酢味噌・ピーナッツ味噌・塩などを付けて食べられています。

ミミガーは、軟骨のコリコリとした食感が特徴です。

クラゲを硬くしたような食感が人気があります。

豚の耳介にはコラーゲンを多く含んでいるので、健康や美容に良いとされています。

通常は、豚の耳介を生ではなく必ず下茹でしてから食べます。

下茹でされた豚の耳介を、冷製として食べるときは「ミミガーの刺身」と呼ばれることも多いようです。

ミミガーイリチーという沖縄料理もあります。

ミミガーイリチーは、下茹でした豚の耳介を野菜などと一緒に炒めた料理になります。

野菜と炒めた豚の耳介が、こりこりした歯ごたえのある食感を楽しめます。

ミミガーを乾燥させた「ミミガーチップス」や燻製にしたものもが売られているようです。

次に、ミミガーのたれ・ミミガーのカロリー・ミミガーの栄養価などの紹介をします。

 

ミミガーのたれ

 

847bad575874cf9889cdedc4c2448c9e_t

 

ミミガーを美味しく食べる特性の「たれ」が紹介されていました。

ビールにピッタリのピリ辛タイプの「たれ」の作り方です。

特性たれの材料は、ポン酢・焼肉のタレ・ラー油・ごま油・すりごま、になります。

ポン酢=大匙1・焼肉のタレ=小匙1・ラー油=小匙1/2・ごま油=小匙1/2・すりごま小匙1になります。

ポン酢・焼肉のタレ・ラー油・ごま油・すりごま、を混ぜ合わせます。

下茹でした豚の耳介と特性たれを混ぜ合わせて、長ネギをのせれば完成です。

次に、ミミガーのカロリー・ミミガーの栄養価などの紹介をします。

 

ミミガーのカロリー・栄養

 

ミミガーの特性たれのつくりかたは簡単です。

ミミガーは低カロリー食品ですね、ミミガー20gは45kcalです。

ミミガーに含まれている栄養価には、タンパク質・アミノ酸類・ミネラル類・ビタミン類などがあります。

ミミガーに含まれているビタミン類は、ビタミンA・ビタミンE・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンCなどです。


PAGE TOP