プリン、クレームブリュレ、カタラーナの違い。材料、食感も違う?

Sponsored Link

「プリン」と「クレームブリュレ」と「カタラーナ」の違いを分かっていれば、スイーツの楽しみも増えそうです。

「プリン」・「クレームブリュレ」・「カタラーナ」は欧州で生まれた美味しいスイーツです。

「クレームブリュレ」や「カタラーナ」は食べたことがなくても、「プリン」は子供の頃から好きだった人も多いのではないでしょうか。

日本人に「プリン」として親しまれているスイーツの正式名称は、「カスタードプディング」です。

通常は、「カスタードプリン」や「プリン」と呼んでいます。

「プリン」は、牛乳と砂糖を混ぜた卵液をプリン型に流し込んで、加熱してカスタードを凝固させたスイーツになります。

プディングとは、イギリスでの蒸し料理の総称になります。

 

次に、プリンとクレームブリュレとカタラーナの違いを紹介します。

 

プリン

 

spec_800_00100010499999569269_main_l

 

プリンとクレームブリュレとカタラーナの違いを分かるために「プリン」の概要を紹介します。

プリンの正式名称は「カスタードプディング」です。

カスタードプディング(プリン)の材料は、牛乳と砂糖と卵黄です。

プリン型に牛乳と砂糖を混ぜた卵液を流し込んで加熱してつくります。

カスタードを凝固させたスイーツがカスタードプディング(プリン)です。

カスタードプディング(プリン)は、溶き卵に水分を加えて加熱して固める作り方なので、和食で人気の茶碗蒸しとよく似ています。

一般的なカスタードプディング(プリン)には、甘味にカラメルソースを用いています。

カスタードプディング(プリン)の柔らかな舌触りと、カラメルのほろ苦さの混ざった甘さが美味しさの特徴です。

プリン型にカスタードを入れる前に、プリン型の底にカラメルソースを入れておきます。

食べるときには、プリン型を伏せた状態で皿へと移します。

カスタードプディング(プリン)の食べ方には、カラメルを別添としたタイプやプリン型の容器に入れたまま食べるタイプもあります。

カスタードプディング(プリン)は、洋菓子屋やコンビニエンスストアでも人気が高い売れ筋の商品です。

 

クレームブリュレ

 

e27252291d6131899b991ff3a7ae9a0d_t

 

プリンとクレームブリュレとカタラーナの違いを分かるために「クレームブリュレ」の概要を紹介します。

クレームブリュレは、プリン(カスタードプディング)と似たスイーツです。

クレームブリュレと呼ばれていますが、「クレムブリュレ」の方がよりフランス語本来の発音に近いとされています。

クレームブリュレは、フランス語で「焦がしたクリーム」という意味です。

クレームブリュレのカスタードはクリームと卵黄です。

一般的なプリン(カスタードプディング)よりもねっとりと柔らかくて濃厚な味わいを楽しめます。

クレームブリュレは本来はバニラ味ですが、チョコレート・酒・フルーツ等で味付けしたタイプもあります。

クレームブリュレのカスタードの上面には、硬いカラメルの層が乗っています。

硬いカラメルの層は、砂糖をグリルやバーナーで焦がしてつくります。

通常はラメキンの皿に卵液を流し込んで調理してから、固まったカスタードの上に砂糖をふりかけて焦がして器のまま冷します。

 

カタラーナ

 

プリンとクレームブリュレとカタラーナの違いを分かるために「カタラーナ」の概要を紹介します。

カタラーナの正式名称は「クレマカタラーナ」です。

クレマカタラーナの別名には、「クレマ・デ・サント・ジョゼプ」・「クレマ・クレマーダ」などもあります。

カタラーナは、クレームブリュレによく似たカタルーニャ地方のスイーツです。

カタラーナは、カスタードの上にパリパリしたカラメルがトッピングされています。

カタラーナは通常は3月19日の聖ヨセフの日に食べられるお菓子です。

カタラーナのカスタードの材料は、卵黄・牛乳&クリーム・小麦粉・砂糖・オレンジの皮・シナモンになります。

冷たく軟らかいカスタードの上に、熱いパリパリしたカラメルの層があるのがカタラーナの特徴です。


PAGE TOP