メロゴールドの旬の時期、種類、カロリー、糖質

Sponsored Link

メロゴールドを食べたことがありますか?

メロゴールドの姉妹品種にオロブロンコ(スウィーティー)があります。

オロブランコ(スウィーティー)に比べてメロンゴールドは大玉です。

メロゴールド1個は500~600gで、大きいものだと1kg近くになるものもあるようです。

メロゴールドの外形は、文旦(ブンタン)のような球形に近いものから扁平気味なものまであります。

メロゴールドの多くは扁平気味で、頭の部分が尖った形になっています。

表皮は薄い黄緑色から黄色で、白い綿の部分はグレープフルーツよりやや厚みがあるようです。

 

次に、メロゴールドのこと・メロゴールドの種類・メロゴールドのカロリーや糖質・メロゴールドの旬などの紹介をします。

 

メロゴールドのこと

 

img04

 

メロゴールドはカリフォルニア大学リバーサイド校から生まれました。

1958年にグレープフルーツ「ホワイト」と文旦(ブンタン)の一種の「ポメロ」を交雑さて生まれました。

メロゴールドは1986年に公表されましたが、姉妹品種のオロブロンコ(スウィーティー)は1980年に公表されています。

メロゴールドの品種の特許はカリフォルニア大学が持っているようです。

メロゴールドには種はほとんどありません。

果肉は果汁が多い割に文旦(ブンタン)のようにサジョウがしっかりとしています。

グレープフルーツよりも酸味や苦味を感じない特徴があります。

メロゴールドは一種類しかありません。

次に、メロゴールドのカロリーや糖質・メロゴールドの旬を紹介します。

 

メロゴールドのカロリーや糖質

 

mero-g-c1_04

 

メロゴールドの品種は一種類ですが、姉妹品種にオロブロンコ(スウィーティー)があります。

メロゴールドのカロリーや糖質は、姉妹品種のオロブロンコ(スウィーティー)と変わらないと考えられています。

オロブロンコ(スウィーティー)の100g当たりのカロリーは40Kcalになります。

オロブロンコ(スウィーティー)の100g当たりの糖質量は9.2gになります。

メロゴールドの100g当たりのカロリーは40Kcal・糖質量は9.2gと考えても差し支えはないと思われます。

メロゴールドはオロブロンコ(スウィーティー)よりも大きいので、1個当たりのカロリーや糖質量は多くなります。

次に、メロゴールドの旬を紹介します。

 

メロゴールドの旬

 

メロゴールドはカリフォルニア大学リバーサイド校から生まれたので一種類しかありません。

メロゴールドのカロリーや糖質は、姉妹品種のオロブロンコ(スウィーティー)と同じと考えられます。

メロゴールドは、アメリカのカルフォルニア州では11月頃から収穫が始まります。

日本国内に出回るのは12~翌年の3月頃までになります。

メロゴールドの美味しい旬は1~2月頃だと考えられます。


PAGE TOP