ひらたけの旬の時期、種類、カロリー、糖質

Sponsored Link

「ひらたけ」は歯ごたえの良いキノコなので人気があります。

「ひらたけ」の漢字表記は「平茸」になります。

平茸(ひらたけ)は、別名「カンタケ」とも言われるヒラタケ科ヒラタケ属の食用キノコになります。

平茸(ひらたけ)は、オイスターマッシュルームとも呼ばれています。

大きなカサが牡蠣に似ているので、オイスターマッシュルームと呼ばれているようです。

平茸(ひらたけ)は味にクセがなく歯ごたえが良く食べやすいキノコです。

ひらたけ・オイスターマッシュルームは、和洋を問わずいろいろな料理に使われて海外でも人気のキノコとして知られています。

ひらたけ・オイスターマッシュルームは、味の良さだけでなく様々な栄養素を豊富に含んでいます。

美容と健康に、ひらたけ・オイスターマッシュルームを使った美味しい料理を食べませんか。

 

次に、平茸(ひらたけ)のことや種類・ひらたけのカロリー・ひらたけの旬などの紹介をします。

 

平茸(ひらたけ)

 

2d6e958f0544ab5ca85547ac5d9a112d_t

 

オイスターマッシュルームと呼ばれて、海外でも人気のキノコの平茸(ひらたけ)の傘は、径5~15cmの半円形になります。

傘の中央が窪んでじょうご型になるものもあります。

平茸(ひらたけ)の傘の色は黒色→灰色→褐色→白色と変化して、表面は平滑でヌメリはありません。

平茸(ひらたけ)は、培地の条件により成長時の外観が変わります。

天然条件・切り株栽培の場合の傘は、中心生よりも偏心生の外観が多くなります。

おがくず菌床栽培の場合の傘は、円柱状の軸の上にありホンシメジの様なキノコの外観になります。

平茸(ひらたけ)の近縁の種類には、同じく食用の「ウスヒラタケ」・「エリンギ」があります。

次に、ひらたけのカロリー・ひらたけの旬を紹介します。

 

ひらたけのカロリー・糖質

 

52b5cbe245994ddd681c1c2871f8caa7_t

 

平茸(ひらたけ)は、傘が平らで歯ごたえがよく、香りのよいキノコです。

カロリーや糖質などの心配なく美味しく食べられます。

流通している平茸(ひらたけ)の多くは菌床栽培されたものですが、天然ものや原木栽培のものもあります。

平茸(ひらたけ)には、カリウム・ナイアシン・パントテン酸・食物繊維、などが含まれています。

平茸(ひらたけ)に期待される効能には、高血圧・心筋梗塞・脳梗塞・動脈硬化・貧血・冷え症・便秘などの予防があります。

平茸(ひらたけ)には、血液の流れをよくするナイアシン・エネルギーの代謝をサポートするパントテン酸が多く含まれています。

次に、ひらたけの旬の紹介をします。

 

ひらたけの旬

 

平茸(ひらたけ)の近縁の種類には「ウスヒラタケ」・「エリンギ」があります。

平茸(ひらたけ)などのキノコのカロリーや糖質は少ないので、たくさん食べても太る心配はありません。

平茸(ひらたけ)の旬は、晩秋から春までの期間になります。

平茸(ひらたけ)は、比較的寒い時期のキノコになります。

晩秋から春にかけての広葉樹の枯れた木や切り株に発生します。


PAGE TOP