京ラフランの旬の時期、種類、カロリー、糖質

Sponsored Link

京ラフランを食べたことがありますか。

京ラフランは京都大学が開発した青菜です。

京都大学が「ダイコン」と「コールラビ」を交配させて、平成18(2016)年に生まれました。

京ラフランは、アブラナ科の属間雑種になります。

京ラフランの特徴は、柔らかい茎と葉と花蕾です。

京ラフランの「ラフラン」という名は造語です。

ダイコンの学名の「ラファヌスサティブス」とキャベツの和名の「カンラン」を合わせた名前です。

平成21(2009)年からは本格的な栽培が始まっています。

京都市と京都大学と連携して、京都市が育成した苗を市内の農家に販売する本格的な栽培が始まっています。

 

次に、京ラフランと種類・京ラフランのカロリーと糖質・京ラフランの旬の紹介をします。

 

京ラフラン

 

img-sinkyoyasai-02-r

 

京ラフランは、京都大学が開発したアブラナ科の種類の新京野菜です。

属間雑種のため、害虫に強く栽培しやすいという特徴があります。

京ラフランは「ダイコン」と「コールラビ」を交配させて生まれたので、葉の形状は大根にも似ています。

茎が太く、両毛地域で作られている「かき菜」と似ています。

菜花と同じように、とう立ちして花蕾が付いた時に収穫されます。

茎の皮をむいてそのまま食べても美味しいです。

茎や葉をゆでると甘みが増して苦みやクセがなく食べられます。

次に、京ラフランのカロリーと糖質・京ラフランの旬を紹介します。

 

京ラフランのカロリー

 

f14cf60630b1cb380929ff98fa3c45b8_t

 

京ラフランは、「ダイコン」と「コールラビ」を交配させて生まれた、新しい種類の京野菜です。

京ラフランのカロリーは大葉と大差ないと考えられます。

大葉の葉のカロリーは100gで25Kcalです。 

京ラフランには、京都市からはホウレンソウよりも栄養価が高いと紹介されています。

ホウレンソウに対して京ラフランのカルシウムは1.7倍・ビタミンB6は1.8倍・総ビタミンCは2.9倍になります。

ビタミンCが豊富なので、動脈硬化や脳卒中を予防する働きが期待できます。

美味しい青菜の京ラフランを、健康・美容に役立ててください。

次に、京ラフランの旬を紹介します。

 

京ラフランの旬

 

京ラフランは京野菜の新しい種類になります。

京ラフランは京都市で栽培出荷されている新京野菜です。

京都市の中でも、京北地域が栽培に力を入れているようです。

京ラフランの生産量は増加傾向で、現在は関東へも出荷されています。

京ラフランは、冬季からハウスで栽培されます。

京ラフランの収穫の盛期は3~5月頃までになります。

京ラフランの旬は、3月頃~5月頃までになります。


PAGE TOP