ほうれん草の保存方法、常温、冷蔵で保存できる?

Sponsored Link

ほうれん草の保存方法を知っていれば美味しい料理に活かせます。

ほうれん草は、ヒユ科アカザ亜科ホウレンソウ属の野菜になります。

低温の地域で栽培されることが多い野菜です。

気温が低下すると軟らかくなり味覚がアップします。

スーパーではいつでも店頭に並んでいますが旬は1~2月の厳冬期です。

1~2月の旬のほうれん草は食感・甘みともに最高です。

栄養豊富な野菜で健康美人になりませんか。

灰汁が多いので基本的には下茹でをしてから調理します。

おひたし・胡麻和え・白和え・鍋物・オムレツ・ポタージュなどで美味しく食べられています。

ほうれん草には灰汁が少ない生食用タイプもあります。

生食用はサラダで美味しく食べられます。

ほうれん草の下茹ででは塩を加えます。

塩を加えることで色鮮やかに仕上がります。

ほうれん草を使った炒め物では塩の使い方がポイントになります。

ポイントはフライパンに油を敷いたところに塩を加えることです。

ほうれん草への火の通りが良くなり簡単に炒め物が仕上がります。

炒める時間を短くすればほうれん草の栄養の損失が少なくなります。

ほうれん草を煮る時間を短くすることで食感と栄養をキープできます。

煮る時に油を加えることで“えぐみ”を抑えられます。

生食用のサラダほうれん草を食べたことはありますか。

サラダほうれん草は甘くてシャリシャリ食感の栄養豊富な野菜です。

 

次に、ほうれん草の常温・冷蔵・冷凍などの保存方法を紹介します。

 

ほうれん草の保存方法

 

hoyjimage

 

ほうれん草の保存方法には、常温保存・冷蔵保存・冷凍保存があります。

ほうれん草には、βカロチンやビタミンC・ビタミンB1・ビタミンB2などのビタミン成分や鉄・銅などのミネラル成分も多く含まれています。

ほうれん草の保存時の適温は0℃です。

ほうれん草は1~2月が旬なので、気温が低い地域であれば冷暗所での常温保存ができます。

気温が高い西日本の地域では常温保存は向かないかもしれません。

気温が高い地方では冷蔵庫の野菜室での冷蔵保存をおススメします。

 

ほうれん草の冷蔵の保存方法

 

h1yjimage

 

ほうれん草は冷蔵庫の野菜室での冷蔵保存にむいています。

冷蔵保存するときには乾燥に注意が必要です。

葉から水分が蒸発して乾燥しないように、冷蔵保存するときには濡れたキッチンペーパーや新聞紙で包んだらビニール袋に入れて密封してください。

冷蔵庫の野菜室に乾燥対策をして保存すれば1週間程度は賞味期限を延ばせます。

ほうれん草の冷蔵の保存方法

ほうれん草を下茹でしたら常温保存や冷蔵保存ではなく冷凍保存をおススメします。

ほうれん草のアク抜きで下茹でしたらシッカリと水気をとってください。

水気をとったほうれん草は密封できるフリーザーバッグやビニール袋に入れて保存します。

茹でたほうれん草を冷蔵保存しても2日程度しか保存できませんが、冷蔵保存すれば1ヶ月程度は保存できます。

冷凍保存するときには茹で時間を短くすることです。

冷凍保存したほうれん草を調理に使う時には解凍しないでそのまま使います。

 


PAGE TOP