固いご飯を柔らかく復活させる方法、固くなる原因

Sponsored Link

固いご飯を美味しく復活させる方法があるようです。

固くなってしまったご飯がふっくら美味しくなれば嬉しいですね。

ご飯が固くなる(硬い)原因を知っていれば、美味しいご飯を食べるのに役立ちそうです。

「ご飯」には2つの意味があります。

イネ科の穀物である米を使って、煮たり蒸たりして炊(焚)いた食品をご飯と呼びます。

食事のこともご飯と言います。

例えば“ご飯をたべようか“と言った場合、食事をしようかという意味にもなります。

米を使った食品の「ご飯」の別名には、「いい」・「はん」・「まま」・「まんま」・「めし」などがあります。

ご飯の漢字表記は「御飯」になり、「いい」や「はん」の丁寧語になります。

「まんま」は幼児語になり、「まま」は老人語だとされています。

現在ではややぞんざいな表現方法で使われている「めし」は尊敬語です。

「めし」は「召す」に由来しているとされています。

 

次に、ご飯のこと・固いご飯の美味しい復活・ご飯が固い(硬い)原因、などの紹介をします。

 

ご飯

 

5c0cdd2fa192df5c7a968734d0c49d7a_t

 

「ご飯」の種類には、「米飯」・「かて飯」・「炊き込みご飯」・「混ぜご飯」・「おこわ」などがあります。

「ご飯」は、米・麦・キビ亜科穀物全般を炊いたものです。

「米」を炊いたものであることを明確にした「ご飯」は、「米飯」(べいはん)」・「飯米(はんまい)」・「米の飯」と言います。

一般的な「ご飯」は、玄米・白米を炊いたものです。

白米のご飯は白いので「銀しゃり」とも呼ばれています。

白米のご飯は、デンプンの割合が多いほど粘りがあります。

玄米のご飯は、デンプン以外の栄養成分を多く含んでいます。

通常のご飯は「うるち米」を使います。

「かて飯」は、米に他の食品を混ぜて炊いたご飯です。

「麦飯」は、麦だけ・麦と米をブレンドして炊いたご飯です。

「雑穀飯」は、米以外の穀物を雑穀として炊いたご飯です。

「炊き込みご飯」は、魚介類・食肉・野菜などを加えて調味して炊いたご飯です。

「混ぜご飯」は、炊いた飯に調味した食肉・野菜などを混ぜたご飯です。

「おこわ」は、もち米を主に蒸して炊いたご飯です。

次に、固いご飯の美味しい復活・ご飯が固い(硬い)原因、などの紹介をします。

 

固いご飯の美味しい復活

 

ffb0eb9f073d8c366e41783d93a8b43e

 

固いご飯を、柔らかいふっくらご飯に復活させる方法を紹介します。

固くなったご飯を我慢して食べるのは、もったいないですね。

固くなってしまったご飯は、チョットした一手間で美味しくできます。

保温状態が長くなると、ご飯から水分が徐々に奪われて固くなります。

水分が奪われて固くなったご飯は、蒸すことで柔らかふっくらにできます。

お茶碗に入っている固いご飯に小さじ1杯の水を振りかけてからラップをかけて、レンジでご飯を蒸せばOKです。 

さらに、美味しくしたいときには日本酒を振りかけて蒸すことで、ふっくら美味しいご飯になります。

次に、ご飯が固い(硬い)原因、などの紹介をします。

 

ご飯が固い(硬い)原因

 

固いご飯はレンジで加熱すれば、ふっくら美味しく復活できます。

ご飯が固い(硬い)原因には2つ考えられます。

・ご飯の水分が奪われて固くなった場合

・米を炊く時の水分量を間違えて固く炊きあがった場合です。

炊きあがったご飯を、保温のまま放置すればご飯の水分が奪われるので固くなります。

水の量を間違えて炊くと芯が残って固く感じることがあります。

芯が残ったまま固く炊きあがったご飯は、炊飯器にご飯2~3合/大さじ1杯の水を振りかけて再度炊けば、炊きなおしできます。


PAGE TOP