コーヒー豆の三大原種アラビカ種、ロブスタ種、リベリカ種の味、特徴

Sponsored Link

コーヒー豆の原種は3種類あるとされています。

アラビカ種とロブスタ種とリベリカ種になります。

コーヒー豆の種類のアラビカ種の味や特徴・コーヒー豆のロブスタ種やリベリカ種の味や特徴を知っていれば、もっとコーヒーを楽しめそうです。

コーヒー豆の英語表記は「Coffee bean」です。

コーヒー豆は、コーヒーの木から採取される種子になります。

生産されたままの生の状態の豆を「生豆」と言います。

生豆は「なままめ」や「きまめ」と呼ばれます。

一般には「きまめ」と読まれることが多いようです。

コーヒー業界での専門用語では「なままめ」と呼ばれることの方が多いようです。

生豆は、まだ焙煎されていない生のコーヒー豆になります。

「生豆」は「グリーン」・「グリーン コーヒー」と呼ばれることもあります。

加熱加工された豆を「焙煎豆(ばいせんまめ)」と言います。

焙煎豆(ばいせんまめ)は、生豆に対して焙煎と呼ばれる加熱処理を施したものになります。

焙煎によって生豆に含まれている成分が化学変化を起こします。

焙煎することで、コーヒーの味・香り・色などが生み出されます。

焙煎・粉砕したコーヒー豆を、湯や水で抽出したものが美味しい「コーヒー」です。

コーヒーは嗜好飲料として、世界中で愛飲されています。

 

次に、コーヒー豆の種類のアラビカ種・コーヒー豆のロブスタ種・コーヒー豆のリベリカ種、などの味や特徴などの紹介をします。

 

アラビカ種

 

COFFEE0I9A8924_TP_V

 

コーヒー豆の三大原種といわれる種類は3つあります。

アラビカ種・ロブスタ種・リベリカ種です。

アラビカ種の味は、まろやかな味と酸味が特徴です。

香りは強く、円熟味のある芳香があります。

アラビカ種の生産地域は、海抜800~2000mの高地です。

主な生産国は、ブラジル・コロンビア・エチオピア・メキシコ・グアテマラ・タンザニア、などになります。

次に、コーヒー豆のロブスタ種・リベリカ種の紹介をします。

 

ロブスタ種

 

shutterstock_171293684

 

コーヒー豆には3つの種類があります。

三大原種の一つのコーヒー豆の種類に、まろやかな味と酸味のアラビカ種があります。

コーヒー豆の三大原種のロブスタ種の味は、芳香が少なく渋みと強い苦味が特徴です。

生産地域は、海抜200~800mの熱帯の低地です。

主な生産国は、インドネシア・ウガンダ・ガーナ・ブラジル・インドなどになります。

次に、三大原種のリベリカ種の紹介をします。

 

リベリカ種

 

コーヒー豆には3つの種類があります。

代表的なコーヒー豆の種類は、アラビカ種・ロブスタ種・リベリカ種です。

コーヒー豆のロブスタ種は、芳香が少なく渋みと苦みが強いですね。

リベリカ種も、芳香が少なく強い苦味が特徴です。

生産地域は、海抜200m以下の低地・平地です。

主な生産地域は、リベリア・ベトナムなどです。


PAGE TOP