ホテル、温泉宿に茶菓子が置いてある理由

Sponsored Link

ホテル、温泉宿に、茶菓子が置いてあるのには理由があるようです。

温泉街には、いろいろなお土産用のお菓子が売られています。

美味しいお菓子は食べ過ぎるので血糖値が高めの人は注意が必要ですね。

温泉宿には、健康・美容効果がある温泉(おんせん)があります。

温泉とは、地中から熱水泉が湧き出しているお湯になります。

熱水泉を使った入浴施設や入浴施設が集まった地域も温泉と呼ばれます。

熱水泉を使った入浴施設が集まった地域は、「温泉街」や「温泉郷」と呼ばれています。

「温泉街」や「温泉郷」のホテルや温泉宿などでは、美味しい茶菓子が用意されています。

この美味しいお茶菓子は「お着きのお菓子」と呼ばれているようです。

 

次ぎに、温泉宿のこと・お茶菓子のこと・温泉と血糖値・お着きのお菓子、などの紹介をします。

 

温泉宿

 

58EF7E64EF0946C9B19521DDE85376F9_L

 

温泉宿(おんせんやど)とは、温泉入浴を目的とする宿泊施設になります。

一般的には、風呂に温泉を引いている宿泊施設が温泉宿だと思われていますが、

宿泊施設内に温泉入浴施設が併設されているとは限りません。

温泉宿がある、温泉宿や温泉郷には外湯と呼ばれている共同浴場がたくさんあります。

日本には湯治の文化があるので、温泉地には古くから温泉宿がたくさん在りました。

江戸時代頃までは、一軒宿を除いては宿に内湯は持たずに、外湯である共同浴場へ通う形が大半だったようです。

江戸時代の頃の温泉宿とは、温浴施設の周辺にある宿でした。

明治時代になると掘削技術が発達して、温泉給湯インフラの整備が整いました。

温泉給湯インフラ整備によって、外湯に通う形態であった湯治場でも内湯を持つ宿が増加したとされています。

只、全国の温泉地の宿が内湯浴場を持つのは、高度成長期の昭和40年代以降とされています。

現代でも、山口県の「俵山温泉」や岡山県の「足温泉」など、温泉は外湯で入浴するスタイルを固持している温泉地も残っています。

温泉宿の大半が内湯と呼ばれる温泉浴場をもたないで、元来の湯治場然とした外湯スタイルの温泉地ファンも多いようです。

次に、お茶菓子のこと・温泉と血糖値・お着きのお菓子、などの紹介をします。

 

温泉宿とお茶菓子

 

Y361104025

 

温泉宿にいって案内された部屋に入るとテーブルの上にお茶菓子があります。

このお茶菓子のことを「お着きのお菓子」と呼ぶようです。

温泉宿に置いてある「お着きのお菓子」と「お茶」には理由があります。

「お着きのお菓子」と「お茶」は、温泉に入るための準備運動的な意味があるとされています。

その為、「お着きのお菓子」と「お茶」を頂くのは、“温泉に入浴する前”になります。

温泉は食後の入浴はおススメできないとされています。

食前に入浴する場合、極端な空腹状態で入浴すると貧血のリスクを高める可能性があります。

温泉に入浴することで血糖値が低くなることもあるようです。

意外ですが温泉入浴によるカロリー消費量は大きいようです。

42℃のお湯に10分入ると、ウォーキングを10分したのと同程度のカロリー消費量になるとも言われています。

温泉に入る前には、「お着きのお菓子」の糖分と「お茶」の水分が大切なようです。

 

お着きのお菓子

 

温泉宿の部屋に置いてあるお茶菓子は「お着きのお菓子」と呼ばれています。

温泉に入浴するために「お着きのお菓子」で糖分を確保すれば、入浴時に血糖値低下のリスクを避けられます。

「お着きのお菓子」が美味しいと評判の宿を紹介します。

北海道にある「ザ レイクビュー TOYA 乃の風リゾート」のクッキーが人気です。

石川県にある「加賀屋」は、お茶菓子とお茶だけでなく、お皿とフォークが漆の工芸品なので人気があります。

山口県にある「西の雅 常磐」は、夏ミカンのお菓子や「ういろう」が人気です。


PAGE TOP