ベーグルの保存方法、常温、冷蔵で保存できる?

Sponsored Link

ベーグルの保存方法を知っているといつまでも美味しく食べられます。

ベーグルはパンの一種で、外側がカリッとして内側がモッチリ柔らかい食感が人気です。

東欧系ユダヤ系の人たちの主食として知られています。

乾燥対策をすれば数日間は美味しく食べられます。

一般的な食パンと比べるとカロリーが少ないのでダイエット中の人にはベーグルをおススメします。

一般的な食パンよりもカロリーが少ない理由はバターなどの油脂類や卵・牛乳を基本生地に含んでいないことです。

ベーグルにはいろいろな種類があります。

プレーンベーグルにいろいろな味付けをしたタイプがあります。

味付けの材料には、白ごま・ニンニク・玉ねぎ・シナモン・レーズン・リンゴ・ブルーベリー・クランベリー・鶏卵・芥子の実などがあります。

北米のベーグルではニューヨーク式ベーグルとモントリオール式ベーグルがよく知られています。

ニューヨーク式ベーグルにはいろいろな味のバリエーションがあります。

モントリオール式ベーグルの基本は、塩を使わず生地に麦芽と鶏卵と蜂蜜を使います。

ロシアにはベーグルに似たブブリクというパンがあるそうです。

 

次に、ベーグルの常温・冷蔵・冷凍の保存方法を紹介します。

 

ベーグルの保存方法

 

6c19594450134fad6a5ccc5256be8c43-660x400

 

ベーグルの保存方法には常温保存・冷凍保存などの保存方法があります。

ベーグルが生まれたヨーロッパではベーグルに塗るのはバターだけだったようです。

アメリカではベーグルにクリーム・チーズやスライスしたロックス・トマト・玉ねぎなどをはさんで食べますが、経済的に豊かなアメリカで考え出されたようです。

日本に普及したのは2000年前後です。

健康食への関心の高まりから一般の食パンよりも低カロリーのベーグルに注目が集まりました。

美味しいベーグルは食生活を豊かにします。

美味しいベーグルを購入したら直射日光が当たらない冷暗所で保存してくださいね。

 

ベーグルの常温保存

 

15046914_156038958200403_3460495037748477952_n

 

ベーグルの保存方法には常温保存があります。

ベーグルもパンも焼きたてが一番おいしいのでベーグル屋さんで購入したら温かいうちに食べてください。

残ったベーグルは上手に常温保存すれば美味しさを保てます。

ベーグルは時間とともに風味を落としますしカビの発生も気になります。

パンよりも水分量が少ないベーグルは冷暗所での常温保存でも数日は大丈夫です。

常温保存に向かないのはフルーツやクリームを使用してあるタイプです。

フルーツやクリームを使ってあるベーグルの常温保存は向きません。

 

冷蔵保存・冷凍保存

 

ベーグルを長期保存したい時の保存方法では冷蔵保存と冷凍保存が考えられます。

冷蔵保存はベーグルには向きません。

ベーグルを乾燥させて硬くしてしまい食感も風味も劣化させます。

長期保存したい場合は冷凍保存をおススメします。

冷凍保存すれば1ヶ月程度は賞味期限を延ばせます。

冷凍保存したベーグルの解凍は常温解凍になります。

トースターやオーブンで焼いて食べれば冷凍保存したとは思えないほど美味しく食べられます。

 


PAGE TOP