キウイの保存方法 常温、冷蔵で保存できる?

Sponsored Link

キウイの上手な保存方法を知っていなければ美味しく食べられません。

キウイフルーツはマタタビ科マタタビ属の雌雄異株の果実です。

キウイフルーツ名称は、ニュージーランドからアメリカ合衆国へ輸出されるときの名称に使われました。

ニュージーランドのシンボルの鳥の「KIWI」から命名されました。

一般に噂されている、果実と鳥の見た目から命名されたのではなさそうです。

耐寒性がある果物で、冬季の?10℃程度の地域でも栽培が可能です。

近年は日本各地でも栽培されています。

日本での花期は5月頃になります。

果実の見た目から熱帯果実のように見られますが産地は温帯から亜熱帯です。

キウイフルーツにはビタミンC(アスコルビン酸)が豊富に含まれています。

多くの果実には含まれていないクロロフィルも含んでいます。

キウイフルーツの品種によって大きく異なります。

キウイフルーツの種類には、グリーンキウイ(ヘイワード種)・ゴールドキウイ(ホート16A種)・グリーンキウイ(ニューエメラルド種)・レインボーレッドキウイなどがあります。

 

次に、キウイフルーツと常温保存・冷蔵保存・冷凍保存などの保存方法を紹介します。

 

キウイフルーツの種類

 

IMG_8200-540x360

 

キウイフルーツと常温保存・冷蔵保存・冷凍保存などの保存方法があります。

キウイを上手に保存して美味しい果物を楽しみませんか。

グリーンキウイ(ヘイワード種)の果肉は緑色です。

白色の果心の周囲に胡麻粒ほどの黒い種子が放射状に並んでいるのが特徴です。

甘味と爽やかな酸味の味が人気です。

ゴールドキウイ(ホート16A種)はグリーンキウイ(ヘイワード種)よりも酸味が弱く甘みが強いのが特徴です。

レインボーレッドキウイは黄色と緑色の果肉です。

中心部が白く種子の部分が赤いのが特徴です。

酸味が抑えられて糖度が高いので人気があります。

 

キウイフルーツの常温保存

 

540x360xIMG_8208-540x360.jpg.pagespeed.ic.g04JM1ZwxV

 

キウイフルーツの保存方法には常温保存があります。

キウイフルーツの保存方法と賞味期限は購入した状態で変わります。

熟しているキウイフルーツの保存期間は1~2週間程度です。

未熟の固いキウイフルーツであれば追熟するまでの期間が必要なので長期間の常温保存が可能です。

大量に購入するときには未熟で固いキウイから熟したものまでを選んで熟したものから美味しく食べられます。

 

キウイフルーツの冷蔵保存

 

キウフルーツの保存方法には冷蔵保存があります。

熟したキウイを購入したらポリ袋に入れてから冷蔵庫の野菜室で保存します。

冷蔵保存するときにポリ袋に入れるときには傷んでいるものは出しましょう。

キウイフルーツの冷蔵保存では熟している果実と未熟の果実では保存期間が異なります。

熟しているキウイフルーツの保存期間は1~2週間程度です。

未熟の固いキウイフルーツの保存期間は1~2ヶ月程度です。

 

 


PAGE TOP