焼き芋の保存方法と栄養 常温、冷蔵で保存できる?

Sponsored Link

焼き芋の保存方法を知っていれば美味しい焼き芋を美容と健康に役立てられます。

冬になると石焼き芋のいい匂いが気になり始めます。

サツマイモを加熱した石を利用して焼き芋にしたホクホクの美味しい“おやつ”です。

日本の冬の風物詩のひとつが焼き芋屋さんの独特の節回しや笛の音です。

“いしーやぁーきーいもー・おいもー”や“ピヨ~~~”笛の音でお客を呼び込んで屋台や軽トラックの石焼き芋屋さんが美味しい芋を売っています。

近所まで来て売り声や笛が止まると思わず買いに走る人も多いのではないでしょうか。

石焼き芋屋さんで焼かれた芋は、熱くないように新聞紙や紙袋に包まれて渡されます。

新聞紙や紙袋から伝わる石焼き芋の熱を手に感じると、お腹も身体も温かくなります。

最近ではスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどでも売られています。

美味しいだけでなく健康・美容にも役立つ焼き芋を食べませんか。

 

次に、焼き芋の栄養・効果・効能と常温・冷蔵・冷凍保存方法を紹介します。

 

焼き芋の栄養・効果・効能

 

imgrc0062313443

 

焼き芋の上手な保存方法を知っていれば美味しさを味わいながら健康・美容効果も期待できます。

焼き芋の材料のサツマイモに含まれている栄養成分には、食物繊維・ビタミンB1・ビタミンC・ビタミンE・カリウムがあります。

サツマイモに含まれるセルロースやペクチンなどの食物繊維は便秘改善効果があります。

セルロースやペクチンには、血中コレステロール低下や血糖値コントロールの働きもあります。

サツマイモに含まれている食物繊維は、大腸がん・高血圧・糖尿病などの成人病予防に役立ちます。

サツマイモにはリンゴの10倍のビタミンCが含まれています。

糖の代謝をサポートするビタミンB1も期待できます。

 

焼き芋の常温保存方法

 

DSC20120131001

 

焼き芋の保存方法には常温保存方法があります。

サツマイモを焼き芋にすれば2~3日程度の賞味期限になります。

焼き芋を常温保存にするときには直射日光に当たらない風通しの良い冷暗所に保存します。

乾燥を防ぐために新聞紙や紙袋に包んで保存してください。

気温によって保存状態は変わるので、常温保存した焼き芋を食べるときには臭いや割ったときに糸を引かないかなどの確認は大切です。

 

焼き芋の冷蔵・冷凍保存方法

 

焼き芋の保存方法には冷蔵保存と冷凍保存があります。

焼き芋の食べかけは冷蔵保存をおススメします。

冷蔵保存するときには焼き芋の熱を冷ましてからラップなどで包んで冷蔵庫に保存します。

焼き芋の冷蔵保存をすれば賞味期限を4日程度まで延ばせます。

食べかけの焼き芋であれば2日程度の賞味期限になります。

長期保存して焼き芋を食べたいときには冷凍保存をおススメします。

冷凍保存するときには食べやすい大きさにカットしてラップで包んで保存します。

冷凍保存した焼き芋の賞味期限は約1ヶ月程度になります。


PAGE TOP