ヨーグルトと食べ合わせが悪い食べ物は何?

Sponsored Link

ヨーグルトとの食べ合わせが悪い食べ物と良い食べ物があります。

ヨーグルトと食べ合わせ悪い食べ物には身体を不調にするタイプがあります。

ヨーグルトは牛乳を発酵させた発酵食品です。

腸内環境を改善する食べ物として人気のある発酵食品です。

ヨーグルトを食べることで善玉菌を増やして腸内環境を改善することができます。

ヨーグルトとオリゴ糖を一緒に食べることで腸内の善玉菌を増やすことができます。

人の腸内には約100~120種類の細菌が約100兆個も住みついています。

腸内細菌には働き方によって善玉菌と悪玉菌に分けられます。

善玉菌の働きは、有害な菌を減らす・免疫力を高めるなどです。

善玉菌はビフィズス菌・腸球菌・ユウバクテリウムなどになります。

悪玉菌は、腸内で発がん性のある物質を作り出す・身体の抵抗力を弱める・腸内の物質を腐敗させるなどの有害な働きがあります。

悪玉菌には大腸菌・ウェルシュ菌・ブドウ球菌などがいます。

善玉菌と悪玉菌がバランスよく存在している腸内環境であれば健康をキープできます。

悪玉菌が多く善玉菌が少ない腸内環境になれば身体に不調が現れます。

 

次に、ヨーグルトとの食べ合わせを考えます。食べ合わせ悪い食べ物や良い食べ物を紹介します。

 

ヨーグルト

 

0fe57b41331dfec4186b5134162e692b_t

 

ヨーグルトには生きて腸内を改善するプロバイオテクスが入っています。

プロバイオテクスとは乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌のことです。

加齢と共に腸内の善玉菌は少なくなります。

老齢期に入ったら腸内のビフィズス菌が減るので、ヨーグルトなどの発酵食品を食べて腸内の善玉菌を増やすことが大切です。

悪玉菌が出す有害物質は生活習慣病やガンなどの病気の原因になります。

ヨーグルトなどの発酵食品を食べて乳酸菌やビフィズス菌を増やして腸内環境を改善しませんか。

生活習慣病には、脳卒中・心臓病・肥満・脂質異常症・高血圧・糖尿病などがあります。

生活習慣病は生活の質(QOL)を低下させます。

ヨーグルトを食べて生活習慣病対策しませんか。

ヨーグルトを食べるときには食べ合わせを考えることも大切です。

食べ合わせ悪い食べ物と一緒に食べてはヨーグルトの効果を得られません。

 

ヨーグルトと悪い食べ合わせ食品

 

drink_nomu_yogurt

 

ヨーグルトと食べ合わせ悪い食べ物を考えます。

ヨーグルトは牛乳を発酵させてつくられた発酵食品です。

ヨーグルトは体を冷やす陰性食品に属しています。

冷え性の人は、ヨーグルトを他の陰性食品と一緒に食べるのを避けた方が良いかもしれません。

一般的にフルーツは陰性食品なので、ヨーグルトと一緒に食べることで身体を冷やして体調不良の原因になる可能性もあります。

ヨーグルトとフルーツの組み合わせは、冷え性の人には良くありません。

ヨーグルトを食べるときに気を付けなければいけないのは、カルシウムの吸収を阻害する食べ物と一緒に食べないことです。

ヨーグルトの効果を活かせなくなります。

 

ヨーグルトとの良い食べ合わせ

 

ヨーグルトには食べ合わせが良い食べ物と悪い食べ物があります。

冷え性の人で食べ合わせ悪い食べ物はフルーツになります。

また、カルシウムの吸収を妨げる食品はヨーグルトの効果を活かせないので避けてください。

ヨーグルトには牛乳由来のカルシウムが豊富に含まれています。

ヨーグルトと一緒に食べたいオススメの食品は、カルシウムの吸収を助けてくれる食品になります。

カルシウムには、骨の形成や鎮静効果などの働きがあります。

カルシウムを食べることで、イライラ解消・不眠解消などに効果があるとされています。

ヨーグルトと一緒に食べたい食品には豆があります。

オリゴ糖を含んだ豆と一緒に食べることで、ヨーグルトに含まれている善玉菌を腸内で増やせます。

 


PAGE TOP