桃の保存方法。常温、冷蔵、冷凍はできる?

Sponsored Link

桃の保存方法を覚えて美味しい果物を楽しみませんか。

桃は、バラ科モモ属の落葉小高木と果実になります。

春には花を咲かせて、夏には水分が多く甘い美味しい果実を実らせます。

桃の原産地は中国だとされています。

桃は、食用・観賞用として世界各地で栽培されています。

「桃の実」は秋の季語になっていますが、果実が実るのは7~8月です。

果実は赤みがかった白色の薄い皮に包まれています。

桃は痛みやすい果実なので収穫後すぐに劣化します。

賞味期間が短いことから、ジュース・シロップ漬けの缶詰などがあります。

 

次に、桃の種類と常温・冷蔵・冷凍の保存方法を紹介します。

 

桃の種類

 

00899

 

食用の桃の品種には、「水蜜(すいみつ)種」・白桃(はくとう)・白鳳(はくほう)系・黄桃(おうとう)系があります。

水蜜種は、果肉の色が白色系・黄色系・赤・ピンク系などがある一般的な桃です。

皮には柔らかい毛が生えています。

水密種の白桃(はくとう)・白鳳(はくほう)系は、現在の日本でも多く出回っている品種になります。

品種名では、「あかつき」・「暁星」・「明星」・「ゆうぞら」・「川中島白桃」・「清水白桃」・「まどか」・「ちよひめ」・「みさかっ娘」・「名月」などがあります。

水密種の黄桃(おうとう)系は果肉が黄色い桃になります。

黄桃系は缶詰に加工され出回ることが多いようです。

生食用の黄桃系の品種には「黄金桃(おうごんとう)」・「ゴールデンピーチ」などがあります。

桃は正しい保存方法で美味しく食べましょう。

 

桃の常温保存方法

 

pdfd_9d671cb400d9f938d3d120481094342e26b6ad5d

 

桃は傷みやすい果物です保存方法には常温保存をおススメします。

桃は追熟できる果物です。

完熟前の桃を購入したら追熟させて美味しく食べられます。

常温保存をする場所は、直射日光が当たらない風通しの良い冷暗所になります。

桃を常温保存するときには、個々に新聞紙に包んで保存します。

桃は指で押したりしないでください。

押した部分から傷みが早くなります。

包む時にも保存するときにも果実に傷がつかないように注意してください。

桃の常温保存の賞味期限は、購入日から約3日程度です。

 

桃の冷蔵・冷凍保存方法

 

桃の保存方法では冷蔵保存・冷凍保存はおススメできません。

桃は低温が苦手です。

冷蔵保存する場合は野菜室に保存しますが、長期保存は避けてください。

冷蔵保存する場合は、食べる直前に冷やす程度です。

冷蔵保存する場合は個々に新聞紙に包んでビニール袋などに入れて保存します。

冷蔵保存の賞味期限は5日程度です。

冷凍保存した桃は解凍するとベチャとなるのでおススメできません。

冷凍保存した桃は、シャーベットやジュースにすれば美味しく食べられます。

桃を冷凍保存するときには一口サイズにカットしてから保存します。

冷凍保存した場合の賞味期限は1ヶ月程度になります。

 


PAGE TOP