コールラビの栄養価、食べ方、保存方法

Sponsored Link

コールラビの美味しい食べ方を知っていれば、コールラビの栄養価を効率よく摂取できます。

コールラビの保存方法には常温保存・冷蔵保存・冷凍保存が考えられます。

コールラビはアブラナ科の野菜です。

コールラビの原産地は地中海北部と考えられています。

コールラビの語源はドイツ語でキャベツの意味の「kohl」とカブの意味の「rabi」のようです。

コールラビの和名はカブカンラン・キュウケイカンラン・カブタマナです。

カブカンラン・キュウケイカンラン・カブタマナを漢字表記すると「蕪甘藍」・「球茎甘藍」・「蕪玉菜」になります。

カブのような形ですがキャベツの一変種で、日本に伝わったのは明治初期とされています。

栽培が比較的簡単なことから最近は家庭菜園などでも人気があります。

 

次に、コールラビのことや美味しい食べ方とコールラビの栄養価やコールラビの保存方法などの紹介をします。

 

コールラビの栄養価

 

yasai0001L

 

コールラビの美味しい食べ方を知っていればコールラビの栄養価を効率よく摂取できますね。

コールラビに含まれている栄養成分は、ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンK・ビタミンU・ナトリウム・カリウム・マグネシウム・カルシウム・マンガン・リン・鉄・銅・亜鉛・食物繊維などになります。

ビタミンB群では、ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・葉酸・ナイアシン・パントテン酸が含まれています。

ビタミンCの含有量は淡色野菜類の中ではトップクラスになります。

ビタミンCには抗酸化作用・免疫活性作用・ストレスに対抗するホルモンの生成サポートなどの作用があります。

胃腸薬にも配合されているビタミンUが含まれています。

栄養価の効果では、免疫力向上・動脈硬化予防・高血圧予防・美肌効果・胃腸障害の改善・がん予防が期待できます。

コールラビの味にはクセがないので生でもおいしく食べられます。

加熱すればほのかな甘みがでて美味しく食べられます。

 

コールラビの保存方法

 

20170629103928014

 

コールラビの美味しい食べ方ではサラダや炒め物・煮物があります。

コールラビの栄養価には、免疫力向上・動脈硬化予防・高血圧予防・美肌効果・胃腸障害の改善・がん予防などが期待できます。

コールラビの保存方法には、常温保存・冷蔵保存・冷凍保存が考えられます。

食感を保った美味しい保存方法は冷蔵保存をおススメします。

常温保存では乾燥して美味しさが失われるのでおススメできません。

漬物にすれば常温保存できます。冷凍保存をすると風味や食感が失われます。

 

コールラビの冷蔵保存

 

コールラビの美味しい食べ方はサラダ・炒め物・煮物ですね。

コールラビには豊富な栄養価があります。

コールラビは上手に保存方法すれば美味しく食べられます。

コールラビを冷蔵保存する前に葉っぱの部分を切り落とします。

コールラビはキャベツ科の野菜ですが、鮮度を保つためには葉っぱが邪魔です。

葉っぱを付けたまま冷蔵保存すると、水分が葉っぱに吸い取られてしまいます。

冷蔵保存する前に葉っぱを切り落としてください。

葉っぱを切り落としたら、新聞紙やキッチンタオルに包んでからビニール袋などに入れて冷蔵庫の野菜室に保存します。

コールラビは乾燥・冷気に弱いので予防が大切です。

 


PAGE TOP