ホースラディッシュの栄養価、食べ方、保存方法

Sponsored Link

ホースラディッシュの美味しい食べ方を覚えて、ホースラディッシュの辛み成分の栄養価を効率よく摂取してください。

ホースラディッシュの上手な保存方法を知っていれば美味しい薬味を楽しめます。

ホースラディッシュは、アブラナ科の耐寒性の多年草になります。

ホースラディッシュの和名は「セイヨウワサビ」です。

セイヨウワサビの漢字表記は「西洋山葵」になります。

セイヨウワサビの別名にワサビダイコンもあります。

ホースラディッシュのフランス名はレフォール(レホール)になります。

ウマワサビ・西洋ワサビ・ウマダイコンなどの呼び名もあります。

北海道では、本ワサビ(水ワサビ)と区別して「蝦夷山ワサビ」・「山ワサビ」・「野ワサビ」・「根ワサビ」と呼ばれています。

ホースラディッシュの原産は、フィンランドや東ヨーロッパだとされています。

先の尖った60cmほどの明るい緑色の大きな葉がホースラディッシュの特徴です。

日本にホースラディッシュが伝わったのは明治時代です。

現在は、北海道を中心に野生化しています。

アイヌワサビ・エゾワサビなどと呼ばれています。

ホースラディッシュの生産では、現在はアメリカ・イリノイ州が世界需要の80%生産になっています。

ホースラディッシュの白色をした根には強い辛味があります。

根をすりおろしたものはローストビーフの薬味になります。

根を乾燥させて粉末にすれば、粉ワサビやチューブ入り練りワサビの原料になります。

 

次に、ホースラディッシュのこと・美味しい食べ方・ホースラディッシュの栄養価・ホースラディッシュの保存方法などの紹介をします。

 

ホースラディッシュ

 

01280009_free_2_4

 

ホースラディッシュの美味しい食べ方は“すりおろし”になります。

ホースラディッシュの栄養価には、辛み成分のアリルイソチオシアネート・ビタミンC・カリウムなどがあります。

ホースラディッシュの上手な保存方法を知っていれば、いつまでもピリ辛を楽しめます。

冷涼な気候がホースラディッシュのツンとした辛味を引き出すので、日本では北海道で栽培されています。

ホースラディッシュの別名は、「山わさび」・「畑わさび」・「ワサビダイコン」・「レフォール」・「西洋わさび」などです。

日本での使用量の大半は加工わさびの原料になっています。

 

美味しい食べ方と栄養価

 

4e53c5ad22b33880a978d962b2f315d7_t

 

ホースラディッシュの一般的な食べ方は“すりおろし”です。

本わさびと同じく“すりおろし”で食べるのが美味しい食べ方です。

ホースラディッシュを“すりおろす”と見た目は白く大根のすりおろしのようになります。

ホースラディッシュの、辛さは本わさびの約1・5倍以上あります。

ピリ辛わさびが好みの人にはホースラディッシュをおススメします。

ホースラディッシュを“すりおろす”と出てくる辛み成分は「アリルイソチオシアネート」です。

ホースラディッシュの栄養価の「アリルイソチオシアネート」には、食欲増進・抗菌作用・がん予防・血栓予防効果が期待されています。

ホースラディッシュには、消臭効果成分やカリウム・ビタミンCも豊富に含まれています。

次に、ホースラディッシュの保存方法を紹介します。

 

ホースラディッシュの保存方法

 

ホースラディッシュの美味しい食べ方は“すりおろし”になります。

ホースラディッシュの栄養価では辛み成分の「アリルイソチオシアネート」が健康効果に役立ちます。

ホースラディッシュの保存方法では冷蔵保存をおススメします。

ホースラディッシュは低温の気候で育てられる野菜です。

冷蔵庫の野菜室で保存すれば鮮度とピリ辛をキープできます。

ホースラディッシュは食べる直前に“すりおろし”ます。

“すりおろし”て時間が経過すると傷んで美味しくなくなります。

ホースラディッシュを冷蔵庫に保存するときにはラップにくるんで保存します。

冷蔵保存期間は2週間程度です。

 


PAGE TOP