スパイス香るチャイの効能と美味しい作り方。スパイスの種類

Sponsored Link

チャイにはいろいろな効能があります。

美味しいチャイの作り方を知っていればチャイを楽しめますね。

美味しく楽しむには、スパイスの種類も知っていることが必要です。

チャイは茶を意味する言葉になります。

本来のチャイはインド式に甘く煮出したミルクティーを指します。

世界的には、茶葉に香辛料を加えたマサーラー・チャイを指しています。

インドのチャイは庶民的な飲み物です。

一般的に鍋ややかんの少量の水で紅茶を煮出してから大量のミルクを足して更に煮出して、大量の砂糖で味付けして飲みます。

チャイの飲み方は、インドがイギリスの植民地時代に始まります。

良質な紅茶が全てイギリスに送られて、インド庶民には埃のような紅茶の葉だけが残された事から、ダストティーを美味しく飲む方法として始まりました。

チャイの入れ方は、ダストティーと呼ばれる細かいほこりのような茶葉による紅茶を美味しく飲む方法が始まりです。

その為、良質な紅茶の葉では美味しいチャイを作る事はできません。

低品質の埃のように細かくなっている紅茶だけを使って煮出すことで美味しいチャイがつくれます。

 

次に、チャイの効能・チャイの作り方・チャイのスパイスの種類などの紹介をします。

 

チャイの効能

 

8bb2e1e1-3a09-4241-8354-84178b1153dc

 

チャイの効能にはダイエットがあります。

チャイに含まれている成分には、カフェイン・ポリフェノール・オピオイドペプチド・スパイス(香辛料)・タンパク質・ビタミン類・アミノ酸類などがあります。

カフェインは紅茶の主な成分です。

カフェインには血管拡張・血液の流れを良くする働きがあります。

血流を良くして代謝をアップします。

ポリフェノールの働きには、脂肪の吸収を抑制する効果があります。

オピオイドペプチドには、神経を沈静化する働き・安眠効果があります。

スパイス(香辛料)には、殺菌効果・消化促進・胃健効果ダイエット効果・新陳代謝のアップ・ストレスケア・抗酸化作用・胃腸の働き改善などがあります。

 

チャイの作り方

 

cha

 

チャイの効能には、殺菌効果・消化促進・胃健効果ダイエット効果・新陳代謝のアップ・ストレスケア・抗酸化作用・胃腸の働き改善などがあります。

次に、チャイの作り方を紹介します。

ステップ1・茶葉を水から煮て、数分沸騰を続けたところでミルクと砂糖を加える。

ステップ2・再沸騰したら火を止め、1分ほど蒸らしてから茶漉しを通してカップに注ぎます。

水の量は1人分でティーカップ半分強(八分目程度)になります。

茶葉は1人分がティースプーン半分程度です。

多いと渋くなるので注意してください。

砂糖は多めに入れます。

次に、チャイのスパイス(香辛料)の種類を紹介します。

 

チャイのスパイス(香辛料)の種類

 

チャイにはいろいろな効能があります。

正しいチャイの作り方で、美容と健康に役立つチャイを楽しんでください。

次に、チャイのスパイス(香辛料)の種類を紹介します。

スパイス(香辛料)には、シナモン・ジンジャー・クローブ・カルダモンがあります。

シナモンには、脂肪細胞を縮小させる働きがあります。

シナモンの脂肪の合成や蓄積を抑える働きで痩せやすい体質つくりが期待できます。

ジンジャー(生姜)の働きで脂肪燃焼効果とパワーアップが期待できます。

ジンジャー(生姜)と紅茶は相性抜群です。

ジンジャー(生姜)と紅茶が合わさると脂肪燃焼効果が倍増されるとされています。

ジンジャー(生姜)と紅茶で新陳代謝が活性化してダイエット効果が期待できます。

クローブとカルダモンにもダイエット効果が期待できます。

クローブには脂肪燃焼作用と体を温める働きがあります。

カルダモンにはデトックス効果があります。


PAGE TOP