ほうじ茶の効能と効果と番茶、緑茶との違い

Sponsored Link

ほうじ茶(焙じ茶)は、焙煎(ばいせん)した緑茶になります。

日本の緑茶の一種です。

ほうじ茶とは、茶葉を焙(ほう)じて飲むお茶として人気があります。

一般的なほうじ茶は、煎茶・番茶・茎茶を炒ってあります。

ほうじ茶の特徴は、独特の香ばしさです。

一般的な緑茶と比べて、苦みや渋みはほとんどありません。

口当たりはあっさりして刺激が少ないので胃にやさしいですね。

あっさりして刺激が少ないので食中のお茶に向いています。

ほうじ茶の中には上質な葉を選りすぐった高価なものもありますが、格は玉露や煎茶より下位に位置付けられています。

一般に番茶や玄米茶などと同位にほうじ茶は位置づけられています。

ほうじ茶は日本茶として高級な部類ではありません。

ほうじ茶を飲む習慣が深く根付いている京都では、上質なほうじ茶が料亭の改まった席で供されることもあります。

 

次に、ほうじ茶の効能や効果・ほうじ茶と番茶の違い・ほうじ茶と緑茶の違いを紹介します。

 

ほうじ茶の効能と効果

 

7b5f5240969cda6ff6c3ac93da1b641f_t

 

ほうじ茶の効能と効果を紹介します。

日本茶にはカフェインが含まれているので、妊婦さんや貧血の治療中の人には控えている人が多くいます。

ほうじ茶は緑茶と比べてカフェイン含有量が少ないので、妊婦さんや貧血治療中の人でも安心して飲めます。

お茶150ml(1杯分)に含まれているカフェイン量は、緑茶(玉露)180mgに対して10~20mgです。

緑茶(煎茶)の30mgと比較しても少なくなっています。

ほうじ茶には緑茶と同様にカテキンが含まれています。

只、緑茶に比べるカテキンの含有量は少なくなっています。

ほうじ茶に含まれているカテキンには殺菌効果や抗酸化作用やダイエット効果が期待できます。

虫歯予防・口臭予防・風邪予防・インフルエンザ予防・アンチエイジングに役立ちます。

次に、ほうじ茶と番茶の違いを紹介します。

 

ほうじ茶と番茶

 

bf06b721a53c125ec0527e5d66477d94_t

 

ほうじ茶は緑茶に比べて少ないカフェイン含有量が少なくなっています。

カテキンの効能には殺菌効果・抗酸化作用・ダイエット効果などがあります。

ほうじ茶と番茶の違いを紹介します。

番茶とは、摘採期・品質・地域などで外れた低級品の緑茶になります。

番茶と煎茶との違いは、若葉ではなく成長したお茶の葉を原料としているところになります。

番茶の特徴は、味がサッパリしていて苦味もなく非常に飲みやすいことです。

北海道・石川・京都といった一部地域では「ほうじ茶」のことを番茶と言います。

京都の「京番茶」は一般的な番茶と味も異なっていて、独特の燻製のような香ばしい味が特徴的です。

「京番茶」は全国的にも有名ですね。

ほうじ茶と番茶の違いをまとめると、ほうじ茶は煎茶・番茶・茎茶を炒ってある緑茶です。

番茶は、摘採期・品質・地域などで外れた低級品の緑茶です。

次に、ほうじ茶と緑茶の違いを紹介します。

 

ほうじ茶と緑茶の違い

 

ほうじ茶の効能には虫歯予防・口臭予防・風邪予防・インフルエンザ予防・アンチエイジングなどがあります。

次に、ほうじ茶と緑茶の違いを紹介します。

ほうじ茶は、煎茶・番茶・茎茶を炒ってある緑茶になります。

緑茶は日本の普通のお茶です。

ほうじ茶と緑茶の違いでは、タンニン・カテキン・カフェインの量が違います。

ほうじ茶に比べて緑茶のほうが、タンニン・カテキン・カフェインが多くなっています。

緑茶に比べてほうじ茶のタンニン・カテキン・カフェインが少ない理由は煎じることで成分が壊れることが原因です。

ほうじ茶はカフェインが少ないので、子供・妊婦・病人におススメです。


PAGE TOP