大豆油の健康への影響と特徴。成分は何?リノール酸は他の油より多い?

Sponsored Link

大豆油は健康への影響を心配している人も多いようです。

大豆油の特徴や大豆油 の成分を調べることで、健康や美容に役立てられます。  

大豆はマメ科の一年草です。

完熟種子は主に搾油の原料になります。

搾油した後の絞り粕は飼料として利用されています。

枝豆は大豆の未成熟の種子です。

大豆は世界中で栽培されています。

日本でも縄文時代には存在していたと考えられています。

「古事記」にも大豆の記録があります。

 

次に、大豆油の健康への影響・大豆油の特徴・大豆油の成分などの紹介をします。

 

大豆油の健康への影響

 

1254a252626397e0e15d29d39005ff08_t

 

大豆油の健康への影響は良いのでしょうか悪いのでしょうか。

大豆油に含まれている成分には健康に役立ものも豊富にあります。

健康への良い影響には、

・高血圧予防・動脈硬化予防・心疾患予防・コレステロールの減少

・胃酸の分泌促進・胃腸の調子を整える・脂質の代謝促進・アンチエイジング

・保湿作用・骨粗鬆症予防などがあります。

大豆油には健康への悪影響が心配されているトランス脂肪酸も含まれています。

トラン脂肪酸による健康への心配なことは、肥満・免疫力低下・動脈硬化・悪玉コレステロール増加・ガン・不妊・アレルギーなどです。

次に、大豆油の特徴や大豆油の成分などの紹介をします。

 

大豆油の特徴

 

food_sald_oil

 

大豆の種子から搾油した大豆油は健康に良い植物油です。

大豆油の特徴は、色が薄く香りや味にクセがないことです。

大豆油は水素添加することで固形化できることを利用した食品があります。

マーガリンの原料には、大豆油を固形化したものが使われています。

大豆油にある乳化性も食品に利用されています。

大豆油の乳化性はマヨネーズなどにも利用されています。

大豆油の特徴には価格が安いこともあります。

次に大豆油の成分を紹介します。

 

大豆油の成分

 

大豆油には健康に役立つ成分が含まれています。

大豆油を健康・美容に役立てませんか。

大豆油の特徴は、色が薄くクセがないことです。

価格が安く乳化性もあるのでマヨネーズの原料にも使われています。

大豆油の成分には、脂肪酸・ビタミンE・ビタミンK・鉄分・亜鉛などが含まれています。

大豆油の脂肪酸を構成しているのは、飽和脂肪酸・オレイン酸・リノール酸・α‐リノレン酸・トランス脂肪酸などです。

脂肪酸は脂質を作っている成分です。

脂肪酸は体内に入るとエネルギー源として蓄えられます。

脂肪酸の働きには、細胞膜の生成・ホルモンバランスの調整・ビタミン吸収のサポートなどがあります。


PAGE TOP