メロンパンの起源や名前の由来とサンライズとの違い。東西で違う?

Sponsored Link

メロンパンとサンライズではどんな違いがあるのでしょうか。

メロンパンの別名にサプライズがありますが同じ菓子パンではないのでしょうか。

メロンパンの東西の違いも気になります。

メロンパンは、日本発祥の菓子パンの一種になります。

メロンパンの特徴は、パン生地の上に甘いビスケット生地(クッキー生地)をのせて焼いてあることです。

メロンパンを覆っているビスケット生地は他のパンに見られないほどに分厚く広範囲です。

メロンパンのタイプには大きく分けて3つあります。

アーモンド形のタイプ・円形のタイプ・それ以外の形のタイプです。

関西・中国地方・四国の一部の地域には円形のメロンパンをサンライズと呼んでいるようです。

 

次に、メロンパンの名前の由来・メロンパンとサンライズの違い・メロンパンの別名・メロンパンの東西の違いなどの紹介をします。

 

メロンパンの名前の由来

 

s_photo_00749

 

メロンパンの名前の由来にはいくつかの説があります。

メロンパンの上部表面のビスケット生地に数本の筋や格子状の溝がメロンパンの名前の由来だとする説があります。

数本の筋や格子状の溝がマスクメロンの模様に似ているためとする説です。

現在では、メロンパンの名前の由来の主流は、マスクメロンの模様からだとされています。

他の説に、「メレンゲパン」が訛ってメロンパンになったというのもあります。

アーモンド形と表面に数本の溝がメロン(マクワウリ)に似ているためとする説もあります。

業務用調理器具の「ライス型」を使用して成型したパンだからという説もあります。

初期のメロンパンはアーモンド形をしていたようです。

アーモンド形をしていたのは、洋食店で使用していたライス型で成形したからです。

その当時にメロンとして売られていたのはアーモンド形の「マクワウリ」でした。

メロン(マクワウリ)に似ているので「メロンパン」と名付けられたようです。

次に、メロンパンとサンライズの違いや、メロンパンの別名のサンライズの名前の由来・メロンパンの東西の違いなどを紹介します。

 

メロンパンとサプライズ

 

ファイル-2017-04-10-0-30-20

 

メロンパンとサンライズの違いを紹介します。

メロンパンの別名にサンライズがあります。

始めのころのメロンパンはライス型で成形したメロン(マクワウリ)に似たアーモンド形でした。

その後に出回った円形の型で成形するようになりました。

関西地域では円形が「日の出の太陽」に似ているのでサンライズと呼んだようです。

その後にマスクメロンが出回るようになるとメロンは円形というイメージが定着しました。

その為、円形のサンライズをメロンパンと呼ぶようになったようです。

メロンパンには東西で違いがあると言われますが本当でしょうか。

 

メロンパンの東西での呼び方の違い

 

メロンパンとサンライズの違いは菓子パンの種類ではなく売られている地域の違いです。

メロンパンの別名のサンライズは関西地域での呼び名です。

メロンパンの東西の違いは形です。

関東地方のメロンパンは円形ですが、関西・中国地方・四国の一部の地域のメロンパンはアーモンド形です。

アーモンド形をメロンパンと呼ぶ地域では、円形のメロンパンはサンライズと呼びます。


PAGE TOP