生クリームの植物性、動物性は混ぜてもよい?動物性、植物性の違い

Sponsored Link

生クリームは、脂肪とたんぱく質を濃縮した白色や薄黄色の濃厚な液体です。

生クリームには植物性と動物性があるとされますが本当でしょうか?

生クリームの植物性と動物性を混ぜるとどうなるのでしょうか。

生クリームの動物性と植物性の違いは?などの気になることを調べました。

生クリームは、生乳や牛乳を分離して取り出した「乳脂肪のみ」を原料としたものです。

省令上のクリームを一般に「生クリーム」として扱い「種類別はクリーム」と表示されています。

乳等省令では「生乳、牛乳または特別牛乳から乳脂肪分以外の成分を除去し、乳脂肪分を18%以上にしたもの」と定めています。

生クリームのことを商品名で「純生」と表記しているケースもあります。

生クリームは脂肪分で分類されています。脂肪分18~30%は「ライトクリーム」で「コーヒー用」になっています。

脂肪分30~48%は「ヘビークリーム」で「ホイップ用」になっています。

イギリスでは脂肪分18%をシングルクリーム(またはクリーム)として、脂肪分48%をダブルクリーム・脂肪分55%をクロテッドクリームとして分類しています。

 

次に、生クリームには植物性と動物性がある?・生クリームの植物性と動物性を混ぜるとどうなる?・生クリームの動物性と植物性の違いなどの紹介をします。

 

生クリーム

 

p_13014

 

生クリームには植物性はありません。

生クリームの模造品に植物性油を加工した商品があります。

生クリームとは、生乳や牛乳を分離して取り出した「乳脂肪のみ」を原料としています。

乳等省令では「生乳、牛乳または特別牛乳から乳脂肪分以外の成分を除去し、乳脂肪分を18%以上にしたもの」と定められています。

省令上のクリームを一般に「生クリーム」として扱い「種類別はクリーム」と表示されています。

生クリームを模造した、植物性油を添加物で加工したクリームは動物性のものに比べてコクや旨味には欠けます。

しかし、消費期限が長い・価格が安い・などの良さもあります。

牛乳が苦手な人は生クリームが食べられなくても、植物性油で作った模造生クリームは食べられます。

次に、植物性の模造生クリームと動物性生クリームを混ぜると?や生クリームの動物性と植物性の違いなどの紹介をします。

 

生クリームの植物性と動物性を混ぜると

 

07_05_12-300x300

 

生クリームには植物性はありません。生クリームの模造品に植物性油を使ったものがあります。

動物性の生クリームと植物性を混ぜると、サッパリして美味しいと感じるかもしれません。

動物性の生クリームと植物性の模造生クリームを混ぜてホイップするときには、事前に混ぜてからホイップすると良さそうです。

次に、生クリームの動物性と植物性の違いを紹介します。

 

生クリームの動物性と植物性の違い

 

生クリームの模造品に植物性油を使ったクリームがあります。

生クリームの植物性と動物性を混ぜても美味しいのでお菓子つくりに試してみませんか。

次に、生クリームの動物性と模造生クリームの植物性の違いを紹介します。

動物性生クリームのメリットは、濃厚でコクがある・風味が良いです。

植物性模造生クリームのメリットは、価格が安い・あっさりしている・消費期限が長い・乳臭さがない・乳製品アレルギーでも使えるなどがあります。

動物性生クリームのデメリットは、価格が高い・時間経過でダレる・消費期限が短い・色が黄色く分離しやすいなどがあります。

植物性生クリームのデメリットには、添加物が入っている・コクと旨味に欠ける・泡立ちにくいなどがあります。


PAGE TOP