クラゲの栄養、カロリー、効能と食べ方。ダイエットにも良い?

Sponsored Link

くらげ(海月)には食べられる種類があります。

栄養成分は少ないくらげ(海月)ですが低カロリーなのでダイエット効果が期待できそうです。

漢方薬の材料としても使われてきたくらげ(海月)の効能が期待されています。

低カロリーのクラゲ(海月)をダイエットに活かしませんか。

くらげの漢字表記には「海月」だけでなく「水母」・「水月」もあります。

くらげ(海月)は、刺胞動物門に属する淡水または海水中に生息して浮遊生活をする動物になります。

くらげ(海月)といわれる動物は広義では刺胞動物門と有櫛動物門とされています。

刺胞動物門には、ヒドロ虫綱・十文字クラゲ綱・箱虫綱・鉢虫綱になります。

有櫛動物門にはクシクラゲがいます。

くらげ(海月)は、一般にはプランクトンとして生活していいます。

多くのクラゲは傘周囲に環状筋があるので傘を開いたり閉じたりできます。

常時泳ぎ続けているも海月は少なくて、多くは時折泳いで水中を漂っています。

くらげ(海月)には食べられる食用クラゲがいます。

食用クラゲは、大きく分けて「業務用クラゲ」と「加工用クラゲ」に分けられています。

「業務用クラゲ」は主に中華の前菜に出てくるくらげ(海月)になります。

「加工用クラゲ」はスーパー等で売られている中華くらげやクラゲ珍味に使われているくらげ(海月)になります。

「業務用クラゲ」は単価よりも肉質を重要視したくらげ(海月)です。

「加工用クラゲ」肉質よりも単価を重要視しています。

 

次に、くらげの種類・くらげの栄養成分・くらげの効能・クラゲでダイエットに付いて紹介します。

 

くらげの種類

 

20091110_1407409

 

食用くらげの種類は6種類です。

日本で現在食べられているくらげ(海月)は、・キャノンボールクラゲ・ビゼンクラゲ・ヒゼンクラゲ・エチゼンクラゲ・ホワイトクラゲ・チラチャップクラゲの6種類に大別されます。

食用クラゲは、傘の部分も足の部分も加工されています。

6種類の食用クラゲは、産地・肉質・食感も違います。

「業務用クラゲ」は、キャノンボールクラゲ・ビゼンクラゲ・ヒゼンクラゲ・エチゼンクラゲになります。

「加工用クラゲ」はだいたいホワイトクラゲが使われています。

チラチャップクラゲは、頭は業務用で使われて皮は加工用のクラゲがない時期に加工用になっています。

販売されているくらげ(海月)にはいろいろな名称がついていますが、キャノンボールクラゲ・ビゼンクラゲ・ヒゼンクラゲ・エチゼンクラゲ・ホワイトクラゲ・チラチャップクラゲの6種類のどれかです。

次に、くらげの栄養成分・くらげの効能・クラゲでダイエットに付いて紹介します。

 

くらげの栄養成分と効能

 

yun_13083

 

くらげ(海月)は95~98%は水分です。

くらげ(海月)の栄養成分の多くはタンパク質になります。

くらげ(海月)は昔から漢方薬の材料としても使われてきました。

くらげ(海月)の効能では、体の余分な熱を冷ます・肺や腸を潤す・血行を良くするなどがあると考えられています。

くらげ(海月)は、足のむくみ・ぜんそく・せき・たん・便秘・二日酔い・生理不順の改善が期待されています。

くらげ(海月)に含まれているコラーゲンは吸湿力と保湿力が高いとされています。

またクラゲコラーゲンには免疫物質分泌を酢苦心する働きがあるとする考えもあるようです。

 

クラゲダイエット

 

くらげ(海月)は95~98%が水分なので栄養成分の多くはタンパク質になります。

くらげの効能には、体の余分な熱を冷ます・肺や腸を潤す・血行を良くするなどがあります。

低カロリーでコリコリした食感のクラゲをダイエットに利用している人もいます。

くらげ(海月)のカロリーは100g当たりで22kcalです。

コリコリした食感を活かした美味しい料理にできればダイエットにおススメになります。


PAGE TOP