さつまいものアク抜き方法と時短方法。離乳食にもあく抜きは必要?

Sponsored Link

さつまいもの簡単なアク抜き方法を知っていれば、美味しくさつまいもを食べられます。

アク抜きの時短の方法を知っていれば、さつまいもを離乳食に使うときにアク抜きが苦ではなくなります。

さつまいもは離乳食にもおススメです。

さつまいもを美味しく食べて美容と健康に役立ててください。

さつまいもの漢字表記は「薩摩芋」になります。

さつまいも(薩摩芋)は、ヒルガオ科サツマイモ属になります。

さつまいも(薩摩芋)の別名には「甘藷(かんしょ)」・「唐芋(からいも、とういも)」・「琉球薯(りゅうきゅういも)」などがあります。

日本のさつまいも(薩摩芋)の主産地トップ5県は、鹿児島県・茨城県・千葉県・宮崎県・徳島県です。

鹿児島県・茨城県・千葉県・宮崎県で全国の生産量の8割を占めています。

鹿児島県のさつまいも(薩摩芋)には、「知覧紅(ちらんべに)」・「安納芋(あんのういも)」があります。

徳島県のさつまいも(薩摩芋)には「鳴門金時(なるときんとき)」があります。

石川県のさつまいも(薩摩芋)には、「五郎島金時(ごろうじまきんとき)」があります。

 

次に、さつまいも(薩摩芋)の栄養・さつまいものアク抜き方法・簡単なさつまいものアク抜き・時短のさつまいものアク抜き・離乳食としての薩摩芋の紹介をします。

 

さつまいも(薩摩芋)の栄養

 

00008029

 

さつまいも(薩摩芋)の栄養と効能を紹介します。

さつまいも(薩摩芋)にはビタミンC・ビタミンE・食物繊維・カリウムが含まれています。

果肉がオレンジ色の安納芋にはカロテンが含まれています。

紫品種のさつまいも(薩摩芋)にはアントシアニンが含まれています。

アントシアニンはポリフェノールの一種で、ガン・生活習慣病予防に役立つとされています。

さつまいも(薩摩芋)に含まているビタミンCは、加熱しても壊れにくいのが特徴です。

風邪予防・疲労回復・肌荒れ予防に、ビタミンC豊富な薩摩芋をおススメします。

腸内環境改善に効果がある食物繊維も豊富に含まれています。

カリウムにはナトリウムを排泄する役割があるので、高血圧予防や長時間運動による筋肉の痙攣予防に効果があります。

次に、さつまいものアク抜き方法・簡単なさつまいものアク抜き・時短のさつまいものアク抜き・離乳食としてのさつまいもなどの紹介をします。

 

さつまいものアク抜き

 

2010041210004590b

 

簡単なさつまいものアク抜きや、時短のさつまいものアク抜きを知っていれば、美味しい薩摩芋を美容と健康に役立てられます。

さつまいも(薩摩芋)の切口の変色予防や、味を染み込みやすくするためにはアク抜きをおススメします。

さつまいも(薩摩芋)のアク抜きは簡単にできます。

アクの成分は、ヤラピン・クロロゲン酸・タンニンです。

薩摩芋のアクは体に良いものですね。

ヤラピンは腸の蠕動運動を良くします。

クロロゲン酸とタンニンには抗酸化作用があります。

さつまいも(薩摩芋)のアク抜きは水につけるだけなので簡単です。

切った薩摩芋を5~15分水につければOKです。

さつまいも(薩摩芋)をつけた水が濁らなくなったらOKです。

次に、離乳食と薩摩芋に付いて紹介します。

 

離乳食とさつまいも

 

離乳食に使わないさつまいも(薩摩芋)はアク抜きしないでもOKです。

さつまいも(薩摩芋)のアク抜きは水につけるだけです。

時短でさつまいものアク抜きをするには、薩摩芋をつけた水をかき混ぜると良いですね。

手でもんでも時短になります。

さつまいも(薩摩芋)は糖分が多くて消化されやすいので離乳食におススメです。

加熱しても壊れにくいビタミンCなので離乳食に向いています。

離乳食に使う時には、キチンとアク抜きをして柔らかく茹でます。

シッカリとアクを抜いて柔らかく茹でて、繊維を細かくしてから赤ちゃんに食べさせてください。


PAGE TOP