食パンの賞味期限と美味しく保存する方法。冷蔵保存はNG?

Sponsored Link

食パン(しょくぱん)の賞味期限が気になりませんか。

家族みんなで食べる食パンを上手に保存できれば、チョット多めに購入して長く食べられます。

最近は、食生活の変化から赤ちゃんから高齢者まで食パンに人気があります。

日本中のパンメーカー・パン工房で美味しい食パンが作られています。

食パンとは、大きな長方形の箱型の型で焼いたパンになります。

パンは、小麦粉やライ麦粉などの穀物粉を主原料にした食品です。

穀物粉に水・酵母・塩などを加えて作った生地を発酵させてから焼いた食品になります。

パンは世界の広い地域で主食となっています。

日本にパンが伝来したのは安土桃山時代だとされています。

安土桃山時代にポルトガルの宣教師によって西洋のパンが日本へ伝来しました。

江戸時代の料理書にパンの製法が著されていますが、江戸時代に日本人が主食として食べたという記録はほとんどありません。

1718年発行の「御前菓子秘伝抄」には、酵母菌を使ったパンの製法が記載されています。

最初にパン(堅パン)を焼いた日本人は江戸時代の末の江川英龍とされています。

江川は日本のパン祖と呼ばれています。

日本人パンが知られるようになったのは、1874年に木村屋總本店の木村安兵衛があんパンを発明してからになります。

あんパンが好評を博した以後は、次々と菓子パン・惣菜パンが広まりました。

現在の日本でパン食の割合が特に高いのは近畿地方になります。

 

次に、食パンのこと・食パンの賞味期限・食パンの保存方法などの紹介をします。

 

食パン

 

img_oilfree-728x465

 

食パンは、生地を発酵させて大きな長方形の箱型の型に入れて焼いたパンになります。

食パンの食べ方は、薄く切ってそのまま食べたり・トーストやサンドイッチにして食べます。

食パンの形によって、「ラウンドトップ」・「プルマンブレッド」・「ワンローフ」などに分類されます。

ラウンドトップは山型食パン・プルマンブレッドは角型食パンのことです。

「食パン」という語は日本での造語になります。

日本の食パンは、英国の山型白パンやフランスのパン・ド・ミなどに起源があります。

現在の日本では、日本人の食感で、材料比率・形・焼き加減などを変え、英仏の原型とはいささか異なった独特のものにして食べています。

次に、食パンの賞味期限・食パンの保存方法の紹介をします。

 

食パンの賞味期限

 

publicdomainq-0007445kub

 

美味しい食パンをトーストなどにしないで、バターやジャムなどもつけないでそのまま食べるのが好きという人も多くいます。

出来立ての柔らかい食パンの風味を楽しみながら食べてみませんか。

そのまま食べるだけでなく、トースト・サンドイッチなど、日本の食生活に欠かせない食パンになっています。

焼きたての食パンは良い香りと小麦の甘みが感じられます。

焼きたての食パンの香りは幸せな気持ちにさせてくれます。

一般的には、食パンの賞味期限は、パン屋さんで購入した場合は1~2日になります。

スーパーやコンビニエンスストアで購入した食パンの賞味期限は3~4日が多いようです。

次に、食パンの保存方法を紹介します。

 

食パンの保存方法

 

食パンの賞味期限は、パン屋さんで購入したら1~2日・スーパーやコンビニエンスストアで購入したら3~4日が目安です。

食パンの保存方法では、基本は常温保存になります。

常温保存する場合は、直射日光が当たらない風通しの良い冷暗所で保存します。

食パン専用の保存ボックスに入れれば乾燥を防げます。

食パンを入れるボックスに、度数の高いアルコールを少し入れておくと賞味期限を少し伸ばせます。

長期保存する場合は冷凍保存にします。

冷凍保存する場合は、食べる分だけ小分けして保存します。

冷凍保存した食パンは1ヶ月程度の保存が可能になります。


PAGE TOP