梨の保存方法と栄養、常温、冷蔵、冷凍で保存できる?

Sponsored Link

梨の保存方法を知っていれば美味しく食べられます。

梨は大きく分けて3種類あります。

「和梨(日本なし)・「西洋なし」・「中国なし」の3種類です。

日本で食べられている多くの梨は日本なしです。

「日本なし」には大きく分けて2つのタイプがあります。

豊水・幸水・新興などの褐色タイプは「赤梨系」、二十世紀・二十一世紀などの黄緑色タイプを「青梨系」とされています。

スーパーや果物店では赤梨系の品種が圧倒的に多く売られています。

「和梨(日本なし)」の特徴はみずみずしさ・シャリシャリ食感です。

シャリシャリして美味しい「和梨(日本なし)」は青果用として消費されています。

ラ・フランスなどの洋梨は洋菓子やお酒の原料として利用されているケースが多いようです。

「和梨(日本なし)」をおススメしたいのは次のような悩みの人です。

・疲労回復・二日酔い解消・消化機能の改善・むくみ予防・便秘予防や改善・肌のハリ改善などです。

梨の内容成分の90%は水分です。

100gで40kcal程度なので低カロリーの果物として人気があります。

梨には、エネルギー代謝やスタミナ増強に有効なアスパラギン酸・TCAサイクルの活性化に役立つクエン酸・ポリフェノール・タンニン・タンパク質分解酵素プロテアーゼが含まれています。

美味しい梨を食べて健康生活しませんか。

 

次に、梨の保存方法について紹介します。

 

美味しい梨を食べる

 

yjimageegy4cfen

 

梨に含まれているアスパラギン酸・クエン酸・タンパク質分解酵素は疲労回復や強壮に役立ちます。

タンニンは風邪や二日酔いのケアに役立ちます。

ソルビトールは便秘やむくみ改善に役立ちます。

カテキン・タンニン・ポリフェノールが美肌つくりに役立ちます。

みずみずしいシャリシャリ食感の「和梨(日本なし)」を食べて健康美人になりませんか。

梨の保存方法を知っていればいつまでも美味しく食べられます。

梨の保存方法には常温保存・冷蔵保存があります。

 

梨の保存方法(常温保存)

 

yjimagekhbwjgap

 

梨を常温保存した場合の賞味期限は2~3日になります。

梨の「赤梨系」・「青梨系」などの品種や収穫された季節でも違いますが、一般的な梨の常温での保存方法では賞味期限は2~3日とされています。

常温保存する場合の注意点は、直射日光を避けて冷暗所に保存することです。

冷暗所とは15~25℃程度で台所の収納スペースや床下などの直射日光が当たらない外気温を超えない場所になります。

一般的な家屋での常温での保存方法での賞味期限は2~3日程度と考えてください。

 

梨の保存方法(冷蔵保存)

 

マンションや一般的な家屋では冷暗所がありませんね。

冷暗所がない場合は冷蔵庫の野菜室に保存すればOKです。

冷蔵庫の冷暗所では一定の低温状態をキープできるので5日程度まで保存期間を延長できます。

昔の家屋には床下などの冷暗所がありましたが、マンションや現代住宅では冷暗所を探すのも大変です。

梨を購入したら冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

冷蔵庫の野菜室を利用した冷蔵保存での賞味期限は5日程度になります。

梨を冷凍保存すればベチャベチャになってしまうので基本的には梨の冷凍保存は不可能です。


PAGE TOP