ひのな(日野菜)の旬な時期、栄養、食べ方、保存方法

Sponsored Link

「ひのな」を漢字表記すると「日野菜」になります。

ひのな(日野菜)は、滋賀県蒲生郡日野町鎌掛(かいがけ)が原産のカブの一種になります。

ひのな(日野菜)を「あかな」と呼ぶ地域もあるようです。

滋賀県の伝統野菜になります。

滋賀県発祥の野菜の中で、現在では九州~信越の幅広い地域で栽培されています。

日野菜を使った日野菜漬けは、滋賀県名物の漬物として人気があります。

 

次に、ひのな(日野菜)の栄養・ひのなの保存と食べ方・ひのなの旬と選び方などの紹介をします。

 

ひのな(日野菜)の栄養 

 

hhyjimage

 

ひのな(日野菜)に含まれている栄養成分は、ビタミン類・ミネラル類・食物繊維などです。

ビタミン類では、β―カロテン・葉酸・ビタミンCが多いようです。

β―カロテンは抗ガン作用・免疫賦活作用が期待されている成分です。

β―カロテンは体内でビタミンAに変換されて、紙・視力・皮膚・粘膜などの健康維持に役立ちます。

β―カロテンには、喉や肺などの呼吸器系統を守る働きもあるとされています。

豊富に含まれているビタミンCは美容と健康をサポートします。

ミネラル類ではカルシウムやカリウムを豊富に含んでいます。

ひのな(日野菜)にはアミラーゼも含んでいます。

アミラーゼは、胃もたれ・胸やけ・整腸作用などを改善する消化酵素です。

次に、ひのなの保存と食べ方・ひのなの旬と選び方などの紹介をします。

 

ひのな(日野菜)の保存と食べ方

 

220px-日野菜

 

ひのな(日野菜)の栄養成分は、ビタミン類・ミネラル類・食物繊維などです。

ひのなの保存方法は乾燥対策が大切です。

ひのなをスグに使わないときには、葉の部分と根の部分を切り分けて冷蔵保存します。

冷蔵保存する時には、濡れた新聞紙やキッチンタオルで包んでビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室に保存します。

野菜室に入れる時には立てると日持ちします。

長期保存を考えるなら、購入したらスグに塩漬けにします。

ひのな(日野菜)の食べ方では漬物をおススメします。

塩漬けが一般的ですが、糠漬け・酢漬けなどもあります。

塩漬けにしたものを細かく切ってパスタの具材として食べている人もいます。

ひのな(日野菜)を漬物にすると、パリッとした食感と少しのエグミ特有の美味しさを味わえます。

次に、ひのなの旬と選び方を紹介します。

 

ひのなの旬と選び方

 

ひのな(日野菜)の栄養成分を美味しく摂取するには、漬物などがおススメです。

ひのなの食べ方ではさくら漬けもおススメです。

ひのな(日野菜)は基本的に露地栽培されています。

秋から晩秋にかけて収穫されています。ひのなの旬は10月下旬~12月中旬になります。

ひのな(日野菜)を選ぶときには、みずみずしくシャキっとしているものにします。

萎びたり茶色くなっているものは避けます。

ヒゲ根が少なく、表面が滑らかで根の下半分まで太いものが美味しいですね。

細いひのな(日野菜)は選ばないようにしてください。


PAGE TOP