ハタケナ(畑菜)の旬な時期、栄養、食べ方、保存方法

Sponsored Link

ハタケナの漢字表記は「畑菜」になります。

ハタケナ(畑菜)は、江戸時代から栽培されている緑黄色野菜です。

油用の在来菜種の一種に、白菜などが交雑した植物と考えられています。

ハタケナ(畑菜)の特徴は、葉の切れ込みが大きい・葉軸が柔らかい・春先の若葉として用いられてきたなどです。

京都では初午の日に、ハタケナ(畑菜)を辛子和えにして食べる風習があります。

京都ではお浸しや煮物にも使用されている野菜です。

 

次に、ハタケナのこと・ハタケナの旬・ハタケナの栄養・ハタケナの食べ方・ハタケナの選び方や保存方法などの紹介をします。

 

ハタケナの旬

 

11b60d32bca5634a6f32e33d6bd4dc03_t

 

ハタケナ(畑菜)は江戸時代から作られていた葉物野菜です。

現在は京都の伝統野菜の1つとして認定されています。

ハタケナ(畑菜)は、京の伝統野菜のひとつとして人気があります。

ハタケナ(畑菜)は冬に旬をむかえる京野菜です。

昔は伏見区久我地区がハタケナ(畑菜)の名産でしたので、畑菜は「久我菜」とも呼ばれています。

柔らかくクセがないので、いろいろな食材に合う葉物野菜として人気があります。

京都には2月の初午(はつうま)の日にハタケナ(畑菜)をからし和えなどにして食べる風習が残っています。

初午(はつうま)の日は「伏見稲荷大社の神が降りた日」とされています。

2月の初午(はつうま)の日には大祭が催されます。

次に、ハタケナの栄養・ハタケナの食べ方・ハタケナの選び方と保存方法などの紹介をします。

 

ハタケナの栄養・食べ方

 

P1420241

 

ハタケナ(畑菜)の旬は冬期の12月・1月・2月になります。

ハタケナ(畑菜)の栄養成分は、ビタミン類・ミネラル類・β―カロテン・食物繊維などです。

β―カロテンには、抗発ガン作用・免疫賦活作用などがあります。

β―カロテンは体内でビタミンAに変換されて、髪や皮膚や粘膜の健康維持・視力維持に役立ちます。

ビタミン類ではビタミンB類が豊富に含まれています。

ミネラル類は、カリウム・カルシウム・マグネシウム・リン・鉄などです。

ハタケナ(畑菜)の食べ方には、からし合え・白和えなどがあります。

ハタケナ(畑菜)は、小松菜やホウレンソウなどの青菜類と同じ料理で美味しく食べられます。

次に、ハタケナの選び方・保存方法の紹介をします。

 

ハタケナの選び方・保存方法

 

ハタケナ(畑菜)の旬は冬期の12~1月になります。

ハタケナ(畑菜)の栄養成分は、β―カロテン・ビタミン類・ミネラル類・食物繊維です。

ハタケナ(畑菜)の食べ方は、小松菜やホウレンソウなどの青菜類と同じです。

ハタケナ(畑菜)の選び方は、葉の緑が濃く鮮やかでシャキッとしているものです。

葉に厚みがあって、茎が薄い実℃色で太すぎないものを選んでください。

ハタケナ(畑菜)の保存方法では乾燥予防に気をつけます。

乾燥予防を考慮して、濡れた新聞紙などで包んでから冷蔵庫の野菜室で冷蔵保存します。

冷凍保存する場合は下処理して、水気を切って小分けにして保存します。


PAGE TOP