クランベリーの旬な時期、栄養、食べ方、保存方法。ラズベリーとの違い

Sponsored Link

クランベリーは、ツツジ科スノキ属ツルコケモモ亜属の果実です。

ツツジ科スノキ属ツルコケモモ亜属の常緑低木の、丸から楕円形の真っ赤な実です。

クランベリーの和名には「つるこけもも」になります。

クランベリーは日本ではあまり馴染みのない果物ですが、北欧・北アメリカなどでは比較的身近な果物として親しまれています。

アメリカやカナダでは「感謝祭」に七面鳥を食べる風習があります。

「感謝祭」の七面鳥料理には、クランベリーのソースが欠かせないと言われています。

クランベリーとラズベリーは品種が違います。

ラズベリーはバラ科キイチゴ属です。

クランベリーの表皮は赤色~黒に近い赤色ですが、ラズベリーの表皮は鮮やかな紅色です。

風味も違っていて、ラズベリーは甘味と酸味の両方があります。

カシスはスグリ科スグリ属の落葉低木の果実です。

表皮は黒に近い濃紫色です。

 

次に、クランベリーの旬・クランベリーの栄養・クランベリーの食べ方・クランベリーの選び方や保存方法の紹介をします。

 

クランベリーの旬

 

backdrop-22024_960_720

 

クランベリーは、楕円形で長さ1~1.5cm程です。

表皮の色は赤から黒に近い赤で、中の果肉は白色です。

果皮は少し固さを感じますが、熟すと柔らかくなります。

クランベリーの収穫時期は、収穫時期は9月下旬頃~春先です。

クランベリーの旬は10~12月になります。

次に、クランベリーの栄養・クランベリーの食べ方・クランベリーの選び方や保存方法を紹介します。

 

クランベリーの栄養

 

33753473-クランベリーの白で隔離

 

クランベリーの旬は10~12月です。

クランベリーに含まれている栄養成分では、ポリフェノールやプロアントシアニジン・キナ酸が知られています。

プロアントシアニジンはアントシアニンと同じポリフェノールの一種です。

プロアントシアニジンには、活性酸素抑制効果があります。

血液をサラサラにして動脈硬化の改善をサポートします。

プロアントシアニジンとキナ酸には、膀胱炎・尿道炎などの泌尿器系疾患を予防する効果が期待されています。

プロアントシアニジンには、抗菌・抗酸化・抗ウィルス作用などがあります。

クランベリーの食べ方では加工して食べることをおススメします。

クランベリーを生のまま食べると酸味が真っ先に口に広がります。

舌にエグミのような感じが残って、あまり美味しくありません。

クランベリーを食べる時には、加熱して砂糖などを加えてジュースやジャムなどに加工して食べます。

次に、クランベリーの選び方や保存方法を紹介します。

 

クランベリーの選び方・保存方法

 

クランベリーは旬の時期にジャムにすれば美味しいですね。

クランベリーに含まれている栄養成分は、健康と美容に役立ちそうです。

クランベリーの食べ方は加工するのがポイントです。

クランベリーの選び方は、丸くふっくらしてツヤのあるものが美味しいですね。

クランベリーの保存方法は冷蔵保存です。

乾燥しないように袋やパックに入れて、冷蔵庫の野菜室で冷蔵保存します。

長期保存の場合は冷凍保存します。

冷凍保存すれば1年位は加工して食べられます。


PAGE TOP