ソーセージ、ベーコンは生で食べる?そのままサラダに入れて良い?

Sponsored Link

ベーコンとソーセージは美味しいですね。

ベーコンは生で食べられるのでしょうか。

ソーセージを生のままそのまま食べることはできるのでしょうか?

ベーコンを生でそのままサラダにすれば美味しそうですね。

ベーコンを英語表記すると「Bacon」になります。

ベーコンは、豚肉を塩漬けした食肉加工食品です。

一般的なベーコンは豚の腹や背の肉を加工したものです。

ソーセージを英語表記すると「sausage」になります。

ドイツ語表記では「Wurst」です。

ソーセージは、鳥や獣類の挽肉を塩や香辛料で調味してからケーシング等に充填した加工食品になります。

ソーセージは、一般的に湯煮や燻煙などの燻製処理を行って保存食とされることが多いようです。

日本のJASによる一般的な分類は、ウインナーソーセージ・フランクフルトソーセージ・ボロニアソーセージの3種類になります。

ウインナーソーセージは、太さ20mm未満で羊腸を使用したものになります。

ウインナーソーセージは、オーストリアのウイーンに由来したソーセージです。

フランクフルトソーセージは、 太さ20mm以上で36mm未満になります。

フランクフルトソーセージは豚腸を使用します。

ドイツのフランクフルトに由来したソーセージです。

ボロニアソーセージの太さは36mm以上になります。

ボロニアソーセージは牛腸を使用します。

イタリアのボローニャに由来したソーセージになります。

 

次に、ベーコンとは・ベーコンは生で食べられる?・ソーセージは生のままそのまま食べるには・ベーコンをそのまま生でサラダで食べるにはなどの紹介をします。

 

ベーコンとは

 

bacon_main

 

日本では素材によってベーコンの表示および呼称が異なります。

「食品表示基準」により、材料とする部位によってベーコンの名前が付けられています。

「ベーコン」は、バラ肉の部位を用いたものです。

「ロースベーコン」は、ロース肉で作ったものです。

「ショルダーベーコン」は、肩肉で作ったものです。

他にも「ミドルベーコン」・「サイドベーコン」などの表示が定められています。

「食品表示法」では、製品ラベルに加熱食肉製品・および非加熱食肉製品の別を表示しなくてはいけません。

日本で工業的に製造されるベーコンのほとんど全部は製造過程で殺菌のため煮沸されています。

日本で工業的に製造されたベーコンには、ラベルに「加熱食肉製品」の表示があります。

次に、ベーコンは生で食べられる?・ソーセージを生でそのまま食べる・ベーコンをそのまま生でサラダで食べるなどの紹介をします。

 

ベーコンは生で食べられる?

 

ベーコンはハムと見た目は変わらないのに生で食べることは少ないようです。

ハムは生で食べるのにベーコンは焼いて食べます。

ベーコンの中にはそのまま生で食べられるものがあります。

日本で工業的に製造されたベーコンにはラベルに「加熱食肉製品」の表示があります。

加熱食肉製品なので、そのまま生でもたべられます。

そのまま生で食べてはダメなベーコンもあるので注意が必要です。

生で食べてはダメなベーコンは、「外国産のベーコン」と「自家製のベーコン」です。

そのまま生で食べられるのは、「加熱食肉製品」の表示がある日本のベーコンだけです。

次に、ソーセージを生でそのまま食べる・ベーコンをそのまま生でサラダで食べるなどの紹介をします。

 

ソーセージとベーコンを生でそのまま食べる 

 

510RUXD44WL__SX425_

 

日本で工業的に製造されたベーコンは生で食べられるので安心してください。

生で食べられないベーコンは、「外国産のベーコン」と「自家製のベーコン」です。

「外国産のベーコン」と「自家製のベーコン」は、シッカリ焼いてから食べてください。

ソーセージを生のままそのまま食べる時に注意するのはラベル表示を確認してください。

日本で工業的に製造されたソーセージで「加熱食肉製品」の表示があるものは生で食べられます。

自家製のソーセージや外国産のソーセージなど「加熱食肉製品」の表示が無いものは加熱して食べた方が良さそうです。

ベーコンをそのまま生でサラダなどに入れて食べる時には、日本製の「加熱食肉製品」の表示があるものが安全です。


PAGE TOP