風邪予防、風邪の時にりんごを食べる理由

Sponsored Link

りんごは風邪予防におススメの果物だそうです。

風邪予防にりんごが良い理由は有機酸でしょうか。

風邪予防のりんごの効果を知っていると役立ちますね。

りんごを活用することで風邪知らずの年末年始を過ごせます。

りんごを漢字表記すると「林檎」になります。

りんごは、バラ科リンゴ属の果実です。

りんごは、植物学上は「セイヨウリンゴ」と呼ばれます。

りんごの原産地は北部コーカサス地方が有力だとされています。

りんごの品種では7500以上が栽培されています。

栽培可能な地域は、亜寒帯・亜熱帯・温帯になります。

暑さに弱い落葉高木なので、熱帯での栽培は難しいとされています。

推定4000年前にはリンゴが栽培されていたと考えられています。

16世紀~17世紀頃にかけてヨーロッパ中部以北の各地で栽培が盛んになりました。

19世紀中頃にはイギリスがりんごの大産地となっています。

和りんごが日本へ最初に持ち込まれたのは中国からと推定されています。

西洋りんごが西洋から伝わると日本では西洋りんごが主流になります。

平安時代中頃の書物の「和名類聚抄」には「利宇古宇(りうこう、りうごう)」として和りんごのことが記述されています。

西洋りんごの栽培は1850年~1860年頃になります。

1862年(文久2年)に、幕府政事総裁職であった松平春嶽がアメリカ産のりんごの苗木を入手して栽培した記録が残っています。

1854年(安政元年)に、アメリカからもたらされた「アッフル」が加賀藩下屋敷で栽培されたことが加賀藩士の記録に残っています。

 

次に、りんごの栄養成分・りんごの選び方・りんごと風邪予防・風邪予防にりんごが良い理由・風邪予防のりんごの効果・りんごは風邪知らずの果物などの紹介をします。

 

りんごの栄養成分

 

d63d0382f25b71f1f00b872c02bfc153_t

 

日本の農林水産省に登録されているりんごの品種は177種になります。

177種の中で品種登録が維持されているものは85種です。

世界一生産量の多いりんごは「ふじ」になります。

「ふじ」は1962年に青森県藤崎町で誕生しました。

日本で最も一般的に栽培されるりんごの品種は「ふじ」です。

外国にも「Fuji」の名前で輸出されています。

りんごに含まれている栄養成分は、有機酸・カリウム・ペクチン・ポリフェノール・ビタミン類などです。

りんごに含まれている有機酸は、クエン酸・リンゴ酸などです。

クエン酸・リンゴ酸は、胃腸の働きを良くします。

殺菌作用や乳酸を減らして疲れを取り除く働きもあります。

有機酸は、肩こりや腰痛の防止にも効果があるとされています。

りんごに含まれているカリウムには、体内の塩分を排出する働きがあります。

りんごは、高血圧の改善に効果が期待できますね。

りんごの皮にはペクチンが豊富に含まれています。

ペクチンには、整腸作用・コレストロール排出などの働きがあります。

ペクチンを含むりんごは、便秘改善や大腸ガン予防に効果が期待できます。

りんごの皮にはポリフェノールも豊富に含まれています。

ポリフェノールの働きには、コレステロール抑制・活性酸素を抑制などの働きがあります。

ポリフェノールは、がん予防にも効果があると言われています。

ビタミン類では、β―カロテンやビタミンCなどが含まれています。

次に、りんごの選び方・りんごと風邪予防・風邪予防にりんごが良い理由・風邪予防のりんごの効果・りんごは風邪知らずの果物などの紹介をします。

 

りんごの選び方

 

ringo_taberu

 

りんごの選び方のポイントは、お尻の方まで色付きがいい物がポイントです。

赤いりんごの場合は、お尻の方までしっかりと紅くなっているのが熟しています。

上が紅くて下が緑の物は完全に熟していません。

酸味が強いので美味しくありません。

青リンゴの場合は全体に色むらが無い物を選ぶのがポイントです。

りんごを選ぶときは、大玉よりも中玉の方が味の外れがなく、日持ちも良いですね。

枝が干からびていないかもチェックしてください。

枝が干からびている物は鮮度も落ちて水分も抜けています。

手に持った時にズッシリと重みを感じるものが、果汁が豊富で美味しいですね。

ズッシリと重たくて芳醇な香りが強いものは美味しいです。

良く熟していると芳醇な香りがあります。

りんごの表面が少し油っぽくてヌルヌルしていることがあります。

ヌルヌルベトベトしていても、ワックス・防カビ・防虫などの薬剤ではないので安心してください。

ヌルヌルベトベトの正体は、りんごから生成される成分です。

りんごが生成している自然なワックスが付いているので、布で磨くとピカピカに光ります。

次に、りんごと風邪予防・風邪予防にりんごが良い理由・風邪予防のりんごの効果・りんごは風邪知らずの果物などの紹介をします。

 

りんごと風邪予防

 

りんごには、有機酸・カリウム・ペクチン・ポリフェノール・ビタミン類などが豊富に含まれています。

栄養豊富なりんごは風邪予防におススメです。

風邪予防にりんごをおススメする理由は豊富な栄養成分が含まれているからです。

風邪予防にりんごの栄養成分の効果を活かしてください。

りんごを有効活用すれば、風邪知らずの年末年始を楽しめます。


PAGE TOP