ビュッフェとバイキングの違い。元々の発祥はどこ?

Sponsored Link

ビュッフェ・バイキングの違いが分かりますか?

ビュッフェ・バイキングの語源やビュッフェ・バイキングの語源を知っていれば、子供に聞かれたときに困りませんね。

 

次に、ビュッフェ・バイキングの違いや、ビュッフェ・バイキングの語源などの紹介をします。

 

ビュッフェ

 

adtDSC_3258-750x499

 

ビュッフェ・バイキングの違いを分かるために「ビュッフェ」の概要を紹介します。

ビュッフェのフランス語表記は「buffet」です。

ビュッフェは、フランス語で立食形式での食事の意味になります。

ビュッフェのことを「ビュフェ」・「ブッフェ」とも言います。

ビュッフェでは、メインテーブルに並べられた料理を各自が取り分ける立食形式の食事スタイルになります。

客側がセルフサービスで、料理を自由に皿に取り分けるスタイルそのものをビュッフェと呼ぶこともあります。

客側がセルフサービスで料理を自由に皿に取り分ける場合では、立食形式のほかにシッティング・ビュッフェを含んでいます。

シッティング・ビュッフェとは、セルフサービスで取り分けてから自分のテーブルで着席して飲食するスタイルのことです。

国際儀礼では、ビュッフェスタイルの立食パーティが「レセプション」として開催されることがあります。

国際儀礼などでも用いられるビュッフェスタイルのマナーには、

・コース料理と同様に前菜、メイン、デザートの順に何回かに分けて料理をとる

・両手にお皿を持って歩かない

・冷たい料理と温かい料理は混ざらないよう別の皿を使う

・ソースが混ざりそうな料理も一緒にしない

・メインテーブルの料理を取り分けるときは時計回りに取る

・一度使った皿は再度使わないで新しい皿に取り替えてから料理を取るなどがあります。

次に、バイキングのこと、ビュッフェ・バイキングの語源の紹介をします。

 

バイキング

 

s_0088

 

ビュッフェ・バイキングの違いを分かるために「バイキング」の概要を紹介します。

バイキングの料理は若者や子供に人気の食事スタイルですね。

バイキングは、料理が並んだテーブルからさまざまな料理を選んで、自分の皿に好きなものを好きなだけ自由に取って食べることができる飲食サービスになります。

バイキングは1958年に帝国ホテルのレストランが始めました。

お好みの料理を自由に選んで食べる、スカンジナビアの伝統料理の「スモーガスボード」の様式を取り入れた食事スタイルです。

バイキングスタイルのサービスの中には、熱々のできたてを食べてもらうオーダー・バイキングもあります。

オーダー・バイキングは、メニューから注文した料理を提供するスタイルになります。

バイキング焼肉では、野菜や肉などの食材を提供してお客自身が焼くだけのスタイルになります。

次に、ビュッフェ・バイキングの語源を紹介します。

 

ビュッフェ・バイキングの語源

 

ビュッフェは食べ放題とは限りません。

通常のバイキングは食べ放題という食事スタイルになります。

食べ放題か否かの違いがあります。

ビュッフェとバイキングの語源を紹介します。

ビュッフェ(buffet)はフランス語ではもともと「飾り棚」を意味しています。

飾り棚に料理を並べて各自が料理を好きに取り分けて立食するスタイルを指しています。

バイキングは、多種の料理を1か所に置いて各自が取り分けて食べる(通常は食べ放題)の食事スタイルです。

スウェーデンのスモーガスボードの様式の食事スタイルと、一定料金で客に食べ放題にさせるスタイルを組み合わせたものです。

「バイキング」の名称の語源は、日本初の食べ放題レストランの店名が「バイキング」であったことに由来しています。


PAGE TOP