さつまいもの保存方法と栄養 常温、冷蔵、冷凍で保存できる?

Sponsored Link

さつまいもの保存方法を知っていれば美味しい料理やスイーツを食べられます。

さつまいもは食生活において非常に身近な美味しい穀物ですが、昔は飢饉などでの食物として重宝されていました。

さつまいもは冷害にも強く痩せた土地でもよく育ちます。

さつまいもにはビタミンC・葉酸・ミネラル・食物繊維が含まれています。

さつまいもに含まれているビタミンCの量は100g当たりに29g入っています。

ビタミンCはりんごの約10倍も含まれています。

ビタミンCには抗酸化作用があるので活性酸素の働きを抑制して動脈硬化や心筋梗塞などの予防に役立ちます。

ビタミンCには、コラーゲン生成の促進やメラニン色素減少などの美肌つくりに役立ちます。

さつまいもにはビタミEやビタミンB1なども含まれています。

葉酸はビタミンBの仲間です。

葉酸は造血活動において非常に重要な働きをする成分です。

さつまいもにはミネラルも多く含まれています。

さつまいもに含まれるカリウムは細胞が正常に働くために役立っています。

骨や歯つくりの必須の成分のカルシウムや貧血予防の鉄分も含まれています。

さつまいもに含まれている注目の栄養成分は食物繊維です。

さつまいもに含まれている食物繊維は腸内環境・消化活動・便秘解消に役立ちます。

腸内環境の改善は大腸がん予防に役立ちます。

 

次に、さつまいもや保存方法を紹介します。

 

さつまいもの常温保存方法

 

satsuma001

 

さつまいもは常温保存に向いています。

昔は農家の納屋にはたくさんのさつまいもが常温保存されていました。

スーパーや八百屋さんで購入したさつまいもは、1本ずつ新聞紙で包んで風通しの良い冷暗所で保存できます。

冷暗所で常温保存したさつまいもの保存期間は2ヶ月~半年程度あります。

さつまいもは秋の根野菜です。

さつまいもの保存方法では常温保存をおススメします。

さつまいもを常温保存するときの冷暗所の温度は12~15度が適切です。

それよりも気温が上がることが予想されるときには冷蔵庫での保存方法をおススメします。

 

さつまいもの冷蔵保存方法

 

yjimage81Y8O8AA

 

さつまいもの保存方法では冷暗所(12~15度)の冷暗所をおススメしますが外気温が高い季節には冷蔵庫の野菜室をおススメします。

気温が18~20度程度になると発芽がはじまります。

発芽が始まるとさつまいもの品質が低下します。

気温が18度くらいになったら冷蔵庫での保存にしましょう。

さつまいもは低温にも弱い野菜です。

外気温が7度以下になる季節には冷蔵庫の野菜室での保存方法をおススメします。

冷蔵保存したさつまいもの保存期間は2ヶ月程です。

 

さつまいもの冷凍保存

 

さつまいもの品質をキープできる温度は7~15度程度です。

生のさつまいもを冷凍保存するときには輪切りなどにして水にさらしてアク抜きします。

水気を拭き取ってフリーザーパックの空気を抜いて冷凍庫に保存できます。

冷凍したさつまいもの解凍はそのまま加熱調理できます。

加熱調理したさつまいもも冷凍保存できます。

さつまいもは干して保存する方法もあります。

干したさつまいもの保存期間は3ヶ月です。


PAGE TOP