青唐辛子とししとうの違い、見分け方。代用はできる?

Sponsored Link

「ししとう」と「青唐辛子」の違いが分かりません。

美味しい料理を作るには「ししとう」と「青唐辛子」の違いを知ることは大切ですね。

見た目だけでなく、選び方や保存方法も知っていれば役立ちます。

「ししとう」や「青唐辛子」は代用できるのかも気になります。

 

次に、「ししとう」と「青唐辛子」の違い・「ししとう」と「青唐辛子」の見た目と選び方・「ししとう」と「青唐辛子」は代用できるかなどの紹介をします。

 

「ししとう」

 

tougarashi12

 

「ししとう」と「青唐辛子」の違いを分かるために「ししとう」の概要を紹介します。

「ししとう」の正式名称は「シシトウガラシ」になります。

シシトウガラシを漢字表記すると「獅子唐辛子」になります。

「シシトウガラシ」は、ナス科のトウガラシの甘味種です。

「ししとう」と呼ばれることが多い「シシトウガラシ」は、植物学的にはピーマンと同種です。

原産地は中南米になります。

「シシトウガラシ」は、肉薄で小型の未熟果物です。

シシトウガラシは成熟すると赤くなります。

普段食べられているシシトウガラシは熟する前に収穫されたものが多いようです。

先端が獅子の頭に似ていることから獅子唐辛子(シシトウガラシ)と呼ばれるようになったとされています。

シシトウガラシは、焼く・煮る・揚げるなどの調理法で美味しく食べられています。

ビタミンCなどや有効成分を多く含む野菜で栄養価が高いので、夏バテ予防に食べられています。

次に、「青唐辛子」のこと・「ししとう」と「青唐辛子」の見た目と選び方・「ししとう」と「青唐辛子」は代用できるかなどの紹介をします。

 

「青唐辛子」

 

38b1217a87d25d559e500f5a6b7df430_t

 

「ししとう」と「青唐辛子」の違いが分かるために、青唐辛子の概要を紹介します。

赤唐辛子を完熟する前に収穫したものが青唐辛子です。

青唐辛子の特徴は、辛味が少なくて食べやすいことです。

シシトウガラシ(ししとう)も青唐辛子の一種になります。

青唐辛子は「赤唐辛子」ですが、シシトウガラシ(ししとう)は、英語でスイートペッパーとも呼ばれる「甘唐辛子」という種類に分類されています。

「甘唐辛子」の一種には、ピーマンやパプリカもあります。

青唐辛子もシシトウガラシ(ししとう)も「ナス科トウガラシ属」になります。

次に、「ししとう」と「青唐辛子」の見た目と選び方・「ししとう」と「青唐辛子」は代用できるかなどの紹介をします。

 

「ししとう」と「青唐辛子」の選び方

 

「ししとう」と「青唐辛子」の違いは、シシトウガラシ(ししとう)は甘味が強い「甘唐辛子」で青唐辛子は辛みのある「赤唐辛子」になります。

シシトウガラシ(ししとう)と青唐辛子を見た目で見分ける方法は難しいとされています。

シシトウガラシも青唐辛子も「ナス科トウガラシ属」の野菜です。

辛い唐辛子も甘い唐辛子も外見はそっくりです。

購入する時に表示をよく確認するのが一番適切です。

シシトウガラシは甘い唐辛子で、青唐辛子は辛い唐辛子なので、料理で代用するのは難しいと考えられます。


PAGE TOP