調整豆乳と無調整豆乳の違い。代用できる?健康にはどっちが良い?

Sponsored Link

豆乳は健康成分や美容成分が豊富に含まれています。

良質なタンパク質やイソフラボンなどを豊富に含んだ豆乳を、健康・美容に役立てている人も多いようです。

只、調整豆乳と無調整豆乳の違いが分かりません。

調整豆乳と無調整豆乳では、カロリーや糖質量も違うのでしょうか。

調整豆乳と無調整豆乳が代用できるのか?も気になります。

調製豆乳と無調整豆乳のことを知っていれば、健康・美容やダイエットに役立てられそうです。

 

次に、調整豆乳と無調整豆乳の違い・調整豆乳と無調整豆乳のカロリーと糖質・調整豆乳と無調整豆乳は代用できる?・調製豆乳と無調整豆乳の健康とダイエットなどの紹介をします。

 

調整豆乳と無調整豆乳の違い

 

yjimageKB1BO636

 

調整豆乳と無調整豆乳の違いを紹介します。

調製豆乳と無調整豆乳は、調製の「製」と調整の「整」の字が違います。

スーパーで調製豆乳と無調整豆乳を購入する時に確認してください。

調製豆乳と無調整豆乳は「JAS規格」で定められています。

「JAS規格」で定められた調製豆乳は、大豆固形分6%以上・大豆タンパク質3%以上で、砂糖や塩や乳化剤や香料を入れて飲みやすいように調整したものになります。

「JAS規格」で定められた無調整豆乳は、大豆固形分8%以上・大豆タンパク質3.8%以上で、原料は基本的に大豆と水だけでつくられたものになります。

基本的に、無調整豆乳は大豆を絞って出てきた状態のモノです。

無調整豆乳は大豆のしぼり汁なので、「にがり」を入れると豆腐になります。

無調整豆乳を使った豆腐の作り方はクックパッドなどでも紹介されています。

次に、調整豆乳と無調整豆乳のカロリーや糖質・調整豆乳と無調整豆乳は代用できる?・調製豆乳と無調整豆乳の健康とダイエットの紹介をします。

 

調整豆乳と無調整豆乳は代用できる?

 

yjisxbitzehqdqncjsp3

 

調整豆乳と無調整豆乳の違いは「JAS規格」で定められています。

一般的な調整豆乳200mlの、カロリーは117kcalで糖質(炭水化物)は4.1gです。

一般的な無調整豆乳200mlの、カロリーは115kcalで糖質(炭水化物)は3.2gです。

調整豆乳と無調整豆乳に含まれている栄養成分は、タンパク質・脂質・ミネラル類・レシチン・大豆サポニン・イソフラボンなどです。

豆腐を作る時に調製豆乳を無調整豆乳の代用にすることはできませんが、健康・美容飲料としては代用できます。

健康・美容飲料として飲むなら、美味しくなっている調製豆乳をおススメします。

次に、調製豆乳と無調整豆乳の健康とダイエットの紹介をします。

 

調製豆乳と無調整豆乳の健康・ダイエット

 

調整豆乳と無調整豆乳の違いは、大豆固形分や大豆タンパク質含有量がJAS規格で定められています。

調整豆乳と無調整豆乳のカロリーと糖質には違いがあります。

調整豆乳を、無調整豆乳を使った豆腐つくりの代用にはおススメしませんが、健康・美容飲料としてであれば調製豆乳をおススメします。

調製豆乳も無調整豆乳も、健康・美容にはおススメの飲料です。

200ml当たりのカロリーは115~117Kcalあるので、ダイエット時の飲み過ぎには注意が必要です。


PAGE TOP