サランラップの名前の由来、意味。サランやクレラップの語源も解説

Sponsored Link

サランラップやクレラップは、キッチンには欠かせません。

毎日お世話になっているサランラップやクレラップが、何時ごろ誕生したのか気になりませんか。

サランラップの名の由来も気になります。

サランラップとクレラップには違いはあるのでしょうか。

 

次に、サランラップのこと・サランラップの名の由来・クレラップのこと・サランラップとクレラップの違いなどの紹介をします。

 

サランラップ

 

cookingfilm

 

サランラップの英語表記は「Saran Wrap」になります。

サランラップは、食品用ラップフィルムの商品名になります。

世界の多くの国ではサランとサランラップはアメリカ合衆国の会社の「ダウ・ケミカル」の登録商標です。

日本では「ダウ・ケミカル」と「旭化成」が共有する登録商標になっています。

サランラップは、日本では旭化成ケミカルズが製造して旭化成ホームプロダクツが販売しています。

サランラップの名の由来は、2人の技術者の妻の名前からきています。

「ダウ・ケミカル」の技術者であった「ラドウィック」と「アイアンズ」がピクニックに行った際に、ポリ塩化ビニリデン(PVDC)フィルムにレタスを包んでいったことがきっかで食品用ラップとして販売された経緯があります。

銃弾や火薬などを湿気から守るために開発された「ポリ塩化ビニリデンフィルム」が、食品の保湿と保管に使う食品用ラップとして一般に販売されることになったそうです。

「サランラップ」の商品名は、食品用に使えることに気付いた技術者の妻の「サラ(sarah)」と「アン(Ann)」の名前にちなんでサランラップと名付けられています。

次に、クレラップのこと・サランラップとクレラップの違いなどの紹介をします。

 

クレラップ

 

cooking_wrap

 

サランラップの商品名の由来は、戦場用に開発された「ポリ塩化ビニリデン(PVDC)フィルム」を食品用に使えるきっかけを作った2人の技術者の妻の名前です。

クレラップは、日本で初めて商品化された食品用ラップフィルムになります。

クレラップが製造された年は、「サランラップ」よりも早くなっています。

クレラップの製造元は「クレハ」という化学メーカーです。

化学メーカーの「クレハ」は、農薬・医薬品・化学薬品を開発・販売するメーカーです。

「クレハ」が開発した「Newクレラップ」は、「サランラップ」と並ぶ生活の必需品になっています。

日本の食品用ラップの元祖は「クレラップ」です。

次に、サランラップとクレラップの違いを紹介します。

 

サランラップとクレラップの違い

 

サランラップの商品名の由来は、「ダウ・ケミカル」の2人の技術者の妻の名前です。

サランラップとクレラップは食品用ラップとして生活の必需品になっています。

サランラップとクレラップの違いは、アメリカの会社の食品用ラップと日本の会社の食品用ラップです。

サランラップの特徴は、切れやすい・密閉しやすい・料理に最適なことです。

クレラップの特徴は、環境に配慮したラップで性能的にはサランラップと大きな差はありません。


PAGE TOP