コールスローサラダの栄養価、カロリー、賞味期限。作り置きできる?

Sponsored Link

コールスローサラダが大好きという人も多いのではないでしょうか。

コールスローは、バーベキュー・フィッシュアンドチップス・フライドチキンなどの付け合せとして食べられることが多いようです。

コールスローは、ルーベンサンドのバリエーションのレイチェル・サンドイッチにも使われることがあります。

スウェーデンでは、ピザの付け合わせにコールスローが使われています。

アメリカ南部地方では、サンドイッチの具材にコールスローが使われることが多く、南部風バーベキューのサンドイッチ・ハンバーガー・ホットドッグなどにも使われています。

アメリカの南部地域ではよくナマズのフライとともに供されることが多いようです。

 

次に、コールスローのこと・コールスローの意味・コールスローの栄養・コールスローサラダの日持ちなどの紹介をします。

 

コールスロー

 

vegetable_coleslaw_salad

 

コールスローの英語表記は「coleslaw」になります。

コールスローは、細かく切ったキャベツを使ったサラダになります。

キャベツだけでなくニンジンが入っているコールスローも多いようです。

コールスローには、緑色のキャベツだけでなく赤キャベツを使ったものや、パイナップルやリンゴなど果物が入っているものなどもあります。

コールスローのドレッシングにはマヨネーズが使われることが多いですが、昔はサラダ油と酢あるいはヴィネグレットが使われていました。

コールスローにはマヨネーズだけでなく、マスタードやセロリの種などの香辛料が使われることもあります。

コールスローのキャベツはみじん切りだけでなく千切りにすることもあります。

次に、コールスローの意味・コールスローの栄養成分やコールスローサラダの日持ちなどの紹介をします。

 

コールスローの意味

 

1a2dabf0534a9accb0ff7ecc304fab1a_t

 

コールスローは、古代ローマの時代から食べられてきたと考えられています。

コールスローの人気が高まったのはマヨネーズが発明されてからのようです。

英語表記の「coleslaw(コールスロー)」という名称は、オランダ語の 「キャベツサラダ」を短縮した「コールスラ(koolsla)」から生まれたとされています。

次に、コールスローの栄養成分・コールスローサラダの日持ちなどの紹介をします。

 

コールスローの栄養成分

 

コールスローの意味は、オランダ語の「キャベツサラダ」を短縮したkoolsla(コースラ)からきているようです。

コールスローの栄養成分は、脂質が多く含まれています。

炭水化物・タンパク質・ビタミン類・ミネラル類が含まれています。

ビタミン類は、ビタミンA・ビタミンD・ビタミンK・ビタミンE・ビタミンB・ビタミンCなどです。

コールスローサラダは日持ちする常備菜です。

週末にまとめて作れば1週間程度は楽しめます。


PAGE TOP