みかんの皮を煮ると窓やレンジの掃除に使える?消臭効果もある?

Sponsored Link

みかんの皮を使ったエコ掃除に注目が集まっています。

みかんの皮を煮る・絞るなどしてエコ掃除に使いませんか。

みかんの皮を掃除に活用すれば汚れをスッキリ落とせます。

窓の汚れだけでなく気になる汚れをみかんの皮でキレイに落とせます。

みかんの皮には除菌の働きもあるので、美味しいみかんを食べたら“皮”を捨てないで有効活用しませんか。

「みかん」の漢字表記は「蜜柑」になります。

通常は蜜柑(みかん)と呼びますが、正式名称はウンシュウミカン(温州蜜柑)になります。

ウンシュウミカン(温州蜜柑)は、中国の温州にちなんで命名されていますが、温州原産ではありません。

ウンシュウミカンの原産地は、九州の不知火海沿岸だと推測されているようです。

ウンシュウミカンの原木は400~500年前に発生したと考えられています。

現在のウンシュウミカン(温州蜜柑)は、関東以南の暖地で栽培されています。

温暖な気候を好む柑橘類ですが比較的寒さにも強いと考えられています。

ウンシュウミカン(温州蜜柑)には、極早生温州・早生温州・中生温州・普通温州があります。

11月下旬~12月に収穫されるのが普通温州です。

 

次に、みかんのこと・みかんの皮と精油成分・みかんの皮を煮るとエコ掃除に使える・みかんの皮の掃除(窓)・みかんの皮には除菌効果もある、などの紹介をします。

 

みかん

 

0db52e59b83f860c4fa96a84dfe11a0d_t

 

「みかん」と呼ばれているのは、ウンシュウミカン(温州蜜柑)のことです。

ウンシュウミカン(温州蜜柑)には豊富な栄養成分が含まれています。

ウンシュウミカン(温州蜜柑)の果肉には、他の柑橘類に比べてβ―クリプトキサンチンが非常に多く含まれています。

β―クリプトキサンチンには強力な発ガン抑制効果があると考えられています。

オレンジ色の色素のβ―クリプトキサンチンを含むので、「みかん」を食べ過ぎると皮膚が黄色くなります。

「みかん」の食べ過ぎで皮膚が黄色くなるのを「柑皮症」といいます。

「柑皮症」の症状は一時的なものなので健康に悪影響はないとされています。

「みかん」には、β―クリプトキサンチンだけでなくクエン酸・食物繊維・ビタミン類・ミネラル類なども多く含まれています。

「みかん」は健康・美容にも役立つ柑橘類ですね。

「みかん」の白い筋にはヘスペリジンが含まれています。

ヘスペリジンには動脈硬化やコレステロール血症に効果があるとされています。

みかんの皮を乾燥させたものは漢方薬の材料にも使われています。

みかんの皮を乾燥させたものは「陳皮(ちんぴ)」と呼ばれています。

「陳皮(ちんぴ)」は風邪薬として活用されていたようです。

「陳皮」には風邪予防の他にも血流改善・整腸作用・リラックス効果などが期待されています。

 

みかんの皮の精油成分

 

みかんの皮-1024x680-640x425

 

みかんの皮には精油成分が含まれています。

精油成分にはリモネンという成分が含まれています。

リモネンは爽やかな香り成分ですが、動物性の油分を分解する性質もあります。

リモネンをふくむ精油成分がある「みかんの皮」は、掃除の汚れ落としに役立ちます。

精油成分はオレンジオイルなどとも呼ばれています。

みかんの皮を煮る・絞って精油成分を掃除に使う方法は昔から行われています。

みかんの皮 の精油成分を掃除に使いませんか。

窓についたしつこい油分もみかんの皮でキレイにできます。

精油成分に含まれるリモネンには除菌効果もあるようです。

 

精油成分と汚れ

 

みかんの皮を煮る・絞るなどして精油成分を掃除に活用してください。

みかんの皮を使った掃除は窓だけではありません。

魚グリルの汚れ予防・茶渋がついた湯飲み・電子レンジのにおい消し・シンク磨きに役立ちます。

「みかんの皮」に含まれている精油成分は、しつこい汚れ落としに役立ちます。

精油成分には除菌効果もあるので、汚れを落とすだけでなくカビ予防にもなります。


PAGE TOP