ラベンダーの効能、料理での使い方。花も食べる?

Sponsored Link

ラベンダーの薄紫の花はキレイですね。

英語圏では、ラベンダー色とは薄紫色を意味しているようです。

ラベンダーの英語表記は「lavender」になります。

「lavender」は古フランス語の「lavandre」に由来するとされています。

古代ローマ人達はラベンダーを洗濯などに使っていたようです。

浴用香料として、疲労や硬直した関節を和らげるために利用されていたという説もあります。

ラベンダーの使い方にはいろいろありそうです。

ラベンダーを使った料理や、ラベンダーの花を美味しく食べる方法を知っていれば役立ちそうですね。

 

次に、ラベンダーのこと・ラベンダーの使い方・ラベンダーの効能・ラベンダー料理・ラベンダーの花を美味しく食べる、などの紹介をします。

 

ラベンダー

 

yun_3120

 

ラベンダー(lavender)は、シソ科ラヴァンドラ属の植物になります。

ラベンダーの別名には、「コモン・ラベンダー」・「イングリッシュ・ラベンダー」などもあります。

芳香植物のラベンダーの使い方は、伝統的にハーブとして香りが活用されてきました。

古代エジプト・ギリシャ・ローマ・アラビア・ヨーロッパなどでは薬や調理に利用されています。

ラベンダーの栽培が本格的に行われるようになったのは1930年代になります。

日本におけるラベンダーは、江戸文政期の西洋薬物書に「ラーヘンデル」・「ラーヘンデル油」の名で説明があります。

江戸末期の幕末にはラベンダーの精油が輸入されて、ラベンダーの栽培も行われていたようです。

昭和時代になると、香料原料として北海道富良野地方などでラベンダーが栽培されて精油が生産されました。

現在の北海道の富良野地方では、ラベンダー畑が観光資源になっています。

現代でも、精油を採るためにラベンダーが栽培されています。

精油は香料として使われたり、芳香療法(アロマセラピー)としてリラクセーション等に利用されています。

次に、ラベンダーの効能・ラベンダー料理・ラベンダーの花を美味しく食べる、などの紹介をします。

 

ラベンダーの効能

 

ラベンダーの使い方では、精油が香料として使われています。

ラベンダーの効能には、心への効能・体への効能・皮膚への効能などがあります。

ラベンダーの心への効能は、香りによる感情の全体のバランスを整えて心を落ち着かせる働きです。

ラベンダーの香りには溜まってしまった感情を解き放つ作用もあります。

ラベンダーの体への効能は150種類以上が認められています。

体への効能には、冷やしや緊張をほぐす作用・炎症や傷みの抑制・神経性の緊張緩和・不眠・高血圧・動機・頭痛・イライラなどの改善があります。

ラベンダーは抗感染作用も優れているので、泌尿器・生殖器系・呼吸器系の感染症に効果的だと考えられています。

ラベンダーの皮膚への効能には、火傷の治癒があります。

ラベンダーの精油は、肌の再生効果・炎症の改善効果が認められています。

皮膚炎・乾癬・湿疹など、あらゆる皮膚の悩みに有効だと考えられています。

次に、ラベンダーを使った料理・ラベンダーの花を美味しく食べる方法などを紹介します。

 

ラベンダー料理

 

pana6132

 

ラベンダーの精油の使い方は、心・体・皮膚などの症状改善があります。

リラックス効果に優れているハーブのラベンダーは料理にも使えます。

ラベンダーの花を美味しく食べるようにした甘いアイスクリームが人気です。

ラベンダーアイスクリームを食べてみませんか。

ラベンダーの香りが甘いクリームによく合っています。

優雅な気持ちになるアイスクリームです。

ラベンダーの花はドリンクにもなります。

ラベンダーの花・砂糖・水を鍋に入れて加熱してラベンダーシロップをつくります。

ラベンダーシロップをレモンジュースと混ぜれば、美味しいラベンダー風味のドリンクになります。


PAGE TOP