ルバーブのカロリー、栄養価、旬の時期、食べ方

Sponsored Link

ルバーブを美味しく食べる方法を知っていれば家族にも喜ばれそうです。

ルバーブの英語表記は「Rhubarb」になります。

ルバーブは、タデ科ダイオウ属の野菜です。

ルバーブの和名は「ショクヨウダイオウ(食用大黄)」で、地面から伸びる多肉質の葉柄を食べます。

生で食べるとセロリのようなパリッとした食感と強い酸味があります。

調理では果物に近い使い方をして、甘味をつけてパイやクランブルなどのデザートに用いることが多いようです。

ルバーブ栄養やカロリーを知っていれば健康・美容に役立てられます。

ルバーブを美味しい旬の時期に楽しみませんか、ルバーブの美味しい食べ方を知っていればチョット自慢できそうです。

 

次に、ルバーブのこと・ルバーブの栄養とカロリー・ルバーブの旬と選び方・ルバーブの食べ方などの紹介をします。

 

ルバーブ

 

20180925183048

 

ルバーブは、北米と北ヨーロッパを中心に広く栽培されている野菜です。

露地栽培のほか、冬に掘り取った根株を暖房温室で栽培する軟化栽培法などもあります。

軟化栽培のルバーブは英語で「ホットハウス・ルバーブ」と呼ばれています。

ルバーブは季節性が高い野菜なので、旬ではない時期に新鮮なルバーブを得るのは難しいようです。

ルバーブには、明るいピンクの斑入りのものもあれば、まったく色づかない薄緑のタイプもあります。

発色はアントシアニンの働きです。

ルバーブは、品種・気温・収穫時期によって異なる色になります。

緑の茎を持つ代表的な品種ヴィクトリアは強壮で知られています。

赤い茎をもつ品種は、クリムゾンレッド・カーウッドディライト・スタークリムゾンなどです。

当初は薬用植物であったルバーブが食用とされた経緯は明確ではありません。

日本にルバーブが伝わったのは明治初期です。

当初は、生食での独特の風味が好まれず定着しませんでした。

1990年頃になると、健康・自然食ブームに後押しされて神奈川県などでも栽培と研究・開発が始められました。

現在では、北海道と長野県を中心に各地で生産が行われています。

長野県富士見町は、赤いルバーブの生産に適する冷涼な気候なので生産量日本一です。

次に、ルバーブの栄養とカロリー・ルバーブの旬と選び方・ルバーブの食べ方などの紹介をします。

 

ルバーブの栄養・カロリー

 

c1bb2ccec92898a0a01053d5296ba41e_t

 

ルバーブの栄養とカロリーの紹介をします。

ルバーブに含まれている栄養成分は、ビタミン類・ミネラル類・食物繊維です。

ビタミン類は、ビタミンK・ビタミンE・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンCなどです。

ミネラル類は、カリウム・カルシウム・マグネシウム・リン・鉄分などです。

ルバーブには食物繊維がタップリと含まれています。

ルバーブの根は下剤としての薬用成分があります。

柄の部分にも薬用成分が少し含まれているので、便秘の悩みがある人にはルバーブをおススメします。

ルバーブのカロリーは100g当たり24Kcalです。

ダイエット中の人でも安心して食べられます。

次に、ルバーブの旬と選び方・ルバーブの食べ方などの紹介をします。

 

ルバーブの旬と食べ方

 

ルバーブは低カロリーで食物繊維が豊富な野菜です。

ルバーブを美味しい旬の時期に食べてみませんか。

ルバーブは北海道や長野で栽培されています。

北海道産のルバーブの旬は5月中旬~6月下旬になります。

長野県産のルバーブの旬は6月初旬~7月中旬になります。

ルバーブを選ぶときには切り口が新しいことを確認します。

切り口が変色していたり傷んでいるのは避けます。

柄の表面にハリがあるのが新鮮です。

ルバーブの食べ方には酸味を活かしたジャムやコンポートがあります。

ルバーブは加熱すると非常に煮崩れしやすいのでジャムに向いています。


PAGE TOP