アマランサスの栄養、食べ方。アマランサス、キヌア、もち麦の違い

Sponsored Link

観葉植物としても栽培されるアマランサスは、ヒユ科ヒユ属(アマランサス属)の植物です。

アマランサスのことを「アマランス」と呼ぶこともあります。

アマランサスは、ギリシャ語の(花が)しおれることがない意味の「アマラントス」が語源だとされています。

アマランサスは紀元前6世紀から栽培されています。

アステカ人の主食であり、アステカ宗教に欠かせない穀物であったようです。

古代南米のインカ文明では、アマランサスの種子を穀物として食用にしていました。

アマランサスは、トウモロコシや豆類に匹敵する重要作物であったようです。

日本に伝わったのは江戸時代でした。

主に観賞用として伝来していましたが、東北地方では「アカアワ」などの名前で小規模ながら食用に栽培されていたようです。

「アマランサス」と「キヌア」と「もち麦」の違いを知っている人は少ないのではないでしょうか。

アマランサスの栄養や、アマランサスの食べ方を知っていれば食生活を豊かにできそうです。

 

次に、アマランサス・キヌア・もち麦の違いや、アマランサスの栄養、アマランサスの食べ方などの紹介をします。

 

キヌア

 

キヌア

 

アマランサス・キヌア・もち麦の違いを分かるために「キヌア」の概要を紹介します。

キヌアはキノアとも呼ばれます。

キヌア(キノア)は、ヒユ科アカザ亜科アカザ属の植物になります。

キヌアとアカザとは同属で、ホウレンソウやビートとは同科になります。

キヌアは、南米アンデス山脈の高地で数千年前より食用に栽培されている擬似穀物です。

トウジンビエ・シコクビエ・キビ(黍)・アワ(粟)・ヒエ(稗)などと同じく、キヌアも雑穀に分類されています。

キヌアの穂は品種により、赤・黄・紫・白などがあります。

食料になる脱穀した種子は、白く扁平な円形をしています。

キヌアは栄養価が高く、ミネラル類・ビタミン類やタンパク質・アミノ酸を含んでいます。

ミネラル類はマグネシウム・リン・鉄分などです。

ビタミン類では、ビタミンB類を多く含んでいます。

タンパク質の含有率が他の穀物と較べて多く、グルテンを含まないので小麦アレルギーのような対グリアジンアレルギーを持つ人でも食べられます。

アミノ酸は、リシン・メチオニン・イソロイシンなどの必須アミノ酸を多く含んでいます。

次に、もち麦のこと・アマランサスの栄養・アマランサスの食べ方、などの紹介をします。

 

もち麦

 

アマランサス・キヌア・もち麦の違いが分かるために、「もち麦」の概要を紹介します。

「もち麦」は大麦の一種になります。

もち麦は、腸内環境を整える“スーパー食材”として注目されています。

健康や食生活に敏感な方々を中心に「もち麦」の人気が高まっているようです。

「もち麦」には、「大麦β‐グルカン」という食物繊維を豊富に含んでいます。

「大麦β‐グルカン」は水に溶けやすい特性をもつ水溶性食物繊維になります。

水溶性食物繊維には、糖質の吸収を抑える・食後の血糖値の上昇を抑える・コレステロールに吸着して体外への排出を助けるなどの働きがあります。

次に、アマランサスの栄養とアマランサスの食べ方の紹介をします。

 

アマランサスの栄養と食べ方

 

3a83ea18743a000ade9b907c302537ee

 

アマランサスとキヌアともち麦の違いを知ることで、健康と美容に役立てられます。 

アマランサスの栄養とその効果や働きなどについてご紹介します。

アマランサスもスーパーフードのひとつとして人気があります。

アマランサスは、南米やアフリカなど幅広い地域で栽培されている「スーパーグレイン(驚異の穀物)」とも呼ばれる穀物になります。

キヌアよりもアマランサスの方がミネラル類を多く含んでいるようです。

アマランサスを混ぜた雑穀米では、白米には少ない食物繊維やミネラルを摂ることができます。

アマランサスに含まれている栄養成分は、食物繊維・ミネラル類・ビタミン類になります。

ミネラル類は、カリウム・カルシウム・鉄分・亜鉛などです。ビタミン類は、ビタミンE・ビタミンB類・葉酸などです。

アマランサスにはグルテンを含みません。

グルテンフリーの穀物なので、グルテンアレルギーの人でも安心して食べられます。

雑穀米・サラダ・スープなどに加えて美味しく食べられます。


PAGE TOP