大葉(しそ)の保存方法、常温、冷蔵で保存できる?

Sponsored Link

大葉(しそ)の保存方法を知っていればいろいろな料理に使えます。

大葉(紫蘇)はシソ科シソ属の植物です。

紫蘇の種類にはチリメンジソ・アカジソ・アオジソなどがあります。

チリメンジソは紫蘇の基本品種です。

アカジソは紫蘇の代表的な品種です。

アオジソは大葉として知られています。

食用としてはアオジソ(大葉)やアカジソが利用されています。

紫蘇は日本を代表するハーブになります。

料理の薬味や刺身などのつまとして愛用されています。

紫蘇の天ぷらは揚げ物ファンに人気があります。

梅干しなどの漬物の色味としても昔から使われています。

紫蘇が入った福神漬けや七味唐辛子も人気があります。

紫蘇が使われているのは和食だけではありません。洋食にも利用されています。

 

次に、アカジソやアオジソの大葉(しそ)などの保存方法について紹介します。

 

紫蘇の栄養と効果

 

yjimageSJRP712G

 

チリメンジソ・アカジソ・アオジソ 大葉(しそ)などの保存方法を知っていれば栄養と効果を料理に活かせます。

紫蘇にはビタミン・ミネラル・ポリフェノール・食物繊維などの栄養成分を含んでいます。

アカジソには薬効成分が多くアオジソにはβ―カロテンなどが多いとされています。

紫蘇に含まれているポリフェノール・ビタミンC・ビタミンE・β―カロテンは抗酸化作用のある成分です。

抗酸化作用がある食物はアンチエイジングや生活習慣病予防に役立ちます。

紫蘇にはアレルギー症状を抑制する「ルテオリン」や「ロズマリンさん」が含まれています。

紫蘇はたくさん食べる食材ではありませんが、栄養や有効成分があるので安心して食べられます。

 

紫蘇の保存方法

 

yjimage3U3JKA0I

 

チリメンジソ・アカジソ・アオジソ 大葉(しそ)などの保存方法には常温保存・冷蔵保存・冷凍保存があります。

紫蘇を常温保存するときには直射日光が当たらない冷暗所で保存してください。

紫蘇は乾燥に弱い食材です。

紫蘇を常温保存するときには水分を切らさないようにすることがポイントです。

濡らしたキッチンペーパーや新聞紙で包んで保存します。

常温保存の場合は湿気とカビの管理が難しいのでスグに消費することをおススメします。

 

紫蘇の冷蔵保存・冷凍保存

 

チリメンジソ・アカジソ・アオジソ 大葉(しそ)などの保存方法では冷蔵保存・冷凍保存をおススメします。

冷蔵保存するときには乾燥しないように、濡らしたキッチンペーパーで包んで密封性のあるタッパーや袋に入れて野菜室で保存してください。

冷蔵庫の野菜室で乾燥させないように保存すれば1~2週間程度は鮮度を保てます。

冷蔵庫で冷凍保存すれば賞味期限を1ヶ月~3ヶ月程度にできます。

冷凍保存するときには紫蘇1枚1枚の水気をとってキッチンペーパーに並べて挟んでフリーザーバッグに入れて保存します。

 

 


PAGE TOP