スウィーティーの旬の時期、種類、カロリー、糖質

Sponsored Link

スウィーティーを食べたことはありますか。

スウィーティーは、柑橘類のひとつです。

グレープフルーツ とブンタンの交配種になります。

スウィーティーの正式な品種名はオロブランコになります。

スウィーティーの英語表記は「sweetie」で、オロブランコの英語表記は「oroblanco」です。

グレープフルーツとブンタンの交配種であるスウィーティーは、酸味が少なく甘味が強い特長があります。

1958年にアメリカのカリフォルニア大学リバーサイド校柑橘類研究所で生まれました。

1972年頃からカリフォルニア州で一般的に栽培されるようになりました。

オーストラリアでも栽培されており、現在ではイスラエルでも栽培されています。

 

次に、スウィーティーの種類・スウィーティーのカロリーや糖質・スウィーティーの旬などの紹介をします。

 

スウィーティーの種類

 

Sweetie_(Citrus)

 

スウィーティーとオロブランコは別の種類だと思っている人もいますが、「スウィーティー」と「オロブランコ(オロブロンコ)」は同じ品種になります。

イスラエル産のものを「スウィーティー」と呼びます。

アメリカ産のものを「オロブランコ(オロブロンコ)」と呼びます。

スウィーティーの果実の大きさはグレープフルーツとほぼ同じです。

果皮表面が緑色をしています。

グレープフルーツに比べるとアルベドと呼ばれている皮の内側の白い部分が多いので、可食部の割合はグレープフルーツよりも少なくなっています。

次に、スウィーティーのカロリーや糖質。スウィーティーの旬などの紹介をします。

 

スウィーティーのカロリー・糖質

 

51163639_383069285577797_7378674213651799891_n

 

スウィーティーとオロブランコ(オロブロンコ)は同じ種類の柑橘類です。 

種なしグレープフルーツのようなスウィーティーは、グレープフルーツに比べて酸味が少なく甘みが強いので好きな人も多いのではないでしょうか。

酸味が少なく甘みが強い柑橘類なので、ジュースやガムなどの製品に利用されています。

スウィーティーの100g当たりのカロリーは40Kcalになります。

スウィーティーの100g当たりの炭水化物は10.1gで、食物繊維は0.9gになります。

糖質は炭水化物から食物繊維を差し引いた量になるので、スウィーティー100gあたりの糖質量は9.2gになります。

スウィーティー1個当たりの重量は約200gなので、1個当たりの可食部のカロリーは44Kcal程度だと考えられます。

次に、スウィーティーの旬などの紹介をします。

 

スウィーティーの旬

 

スウィーティーの種類は一つです。

スウィーティーの1個当たりの可食部のカロリーは44Kcalになります。

オロブランコ(オロブロンコ)の主な産地は、アメリカのカルフォルニア州になります。

スウィーティーと呼ばれているのはイスラエル産になります。

日本国内でも少量ですが栽培されています。

美味しいスウィーティーの旬は、アメリカ産・イスラエル産・国産で違います。

アメリカ産のオロブランコ(オロブロンコ)の旬は、11~翌年の3月頃になります。

イスラエル産のスウィーティーの旬は、11~翌年の2月頃になります。

国内産のオロブロンコ(スウィーティー)の旬は1~3月頃になります。


PAGE TOP